大地震到来!その時、あなたの家は家族を守れますか?

更新日:

首都直下型地震は、いつ起きてもおかしくありません。記憶に新しい東日本大震災では津波による被害が甚大でしたが、平成7年に発生した阪神淡路大震災では、亡くなった方の8割以上が建物の倒壊による圧死や窒息死でした。
地震から家族を守るためには、住宅の耐震補強をしっかり行うことが重要です。

町では、昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅の「耐震診断」「耐震改修工事」に対して、補助制度を設けています。耐震補強をする前に、まずは耐震無料相談(予約制)を受けて、ぜひ補助制度をご活用ください。

補助金の詳細については、耐震補助制度をご覧ください。

木造住宅耐震診断・耐震改修工事補助制度

過去の耐震改修の実績

  • A宅

延床面積(平方メートル):130
改修内容:耐力壁、筋交い、基礎
改修後の総合評定:0.37→1.03
工事費用(円):235万

  • B宅

延床面積(平方メートル):66
改修内容:基礎、筋交い、耐力壁
改修後の総合評定:0.48→1.13
工事費用(円):152万

  • C宅

延床面積(平方メートル):132
改修内容:耐力壁、筋交い、屋根
改修後の総合評定:0.78→1.43
工事費用(円):326万

  • D宅

延床面積(平方メートル):81
改修内容:耐力壁、筋交い、床補強
改修後の総合評定:0.41→1.07
工事費用(円):100万

  • E宅

延床面積(平方メートル):96
改修内容:耐力壁、補強金具取り付け
改修後の総合評定:0.74→1.00
工事費用(円):163万

  • F宅

延床面積(平方メートル):179
改修内容:筋交い、耐力壁、柱補強
改修後の総合評定:0.26→1.05
工事費用(円):395万

評定について
(0.7未満)危険、(0.7以上1.0未満)やや危険、(1.0以上1.5未満)一応安全、(1.5以上)安全

お問い合わせ先
都市計画課都市計画・開発指導担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:321、322、323、324)
ファクス:0467-75-9906
メールフォームによるお問い合わせ