大地震発生後に行われる応急危険度判定とは

更新日:

大地震により被災した建築物は、余震等による倒壊の危険性や、窓ガラスの落下など二次災害が発生する恐れがあります。

専門家(応急危険度判定士)がボランティアで、被災した建築物を安全に使用できるかどうか、なるべく早く判定し、判定結果を皆さんにお知らせするのが応急危険度判定です。

判定結果は「調査済(緑) この建築物は使用可能です」、「要注意(黄) この建築物に立入る場合は十分注意してください」、「危険(赤) この建築物に立入ることは危険です」の3種類の判定ステッカー(下記参照)で建築物の見やすい場所に表示します。

ステッカー3種類

応急危険度判定士とは

都道府県が講習・養成・登録を行い、知事の認定登録を受けた建築技術者です。行政職員だけではなく、ボランティアとして協力できる民間の建築士の方々にも登録していただいております。

判定作業について

被災した建築物の判定作業は、町の災害対策本部から指示された建築物について、原則2人一組のチームで行われます。判定作業を行う際は、被災建築物応急危険度判定士登録証を携帯し、腕章などを着用し、判定活動中であることが明らかになるようにしてあります。

町民の皆様へ

応急危険度判定活動は、町民の皆様の安全を確保するために非常に重要な活動です。大地震が発生し、応急危険度判定士が調査に伺った際は、円滑な判定活動が行えるようにご理解とご協力をお願いいたします。
なお、大規模災害時には、災害に便乗した悪質な業者による調査や、強引な押し売り等が起こることも予想されます。判定活動は、町の災害対策本部が実施を宣言した上で行われます。不審な場合は登録証の提示を求め身元を確認したり、町の災害対策本部へ確認するなど、注意してください。
 
注意:応急危険度判定は、人命に関わる二次的災害を防止することを目的としています。後に、復旧・改修のために十分な調査を行った場合と、結果が異なる場合があります。
また、建築物の資産価値等を調査する罹災照明ではありません。

詳細については、神奈川県建築物震後対策推進協議会のホームページをご覧ください。 

神奈川県建築物震後対策推進協議会

お問い合わせ先
都市計画課都市計画・開発指導担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:321、322、323、324)
ファクス:0467-75-9906
メールフォームによるお問い合わせ