障がい者手帳

更新日:

身体障害者手帳

身体障害者手帳は、身体に障がいのある方が、様々なサービスを利用するために必要な手帳です。障がいの程度によって1級(重度)から6級(軽度)までに区分されます。
なお、身体障害者手帳をお持ちの方で、住所、氏名を変更するとき、手帳をなくしたとき、手帳が不要になったときなどは、手続きが必要です。

申請に必要な物

新規申請

  1. 身体障害者診断書・意見書(指定医師が作成したもの)
  2. 申請者の印鑑(スタンプ式は除く)
  3. 写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル・上半身・無帽・1年以内に撮影したもの)

等級変更・障害名追加・再判定

  1. 現在お持ちの身体障害者手帳
  2. 身体障害者診断書・意見書(指定医師が作成したもの)
  3. 申請者の印鑑(スタンプ式は除く)
  4. 写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル・上半身・無帽・1年以内に撮影したもの)

再交付

  1. 現在お持ちの身体障害者手帳(紛失の場合は除く)
  2. 申請者の印鑑(スタンプ式は除く)
  3. 写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル・上半身・無帽・1年以内に撮影したもの

障がいの種別

  • 視覚障がい
  • 聴覚障がい
  • 平衡機能障がい
  • 音声・言語機能障がい
  • そしゃく機能障がい
  • 肢体不自由(上肢、下肢、体幹)
  • 音声・言語機能障がい
  • 内部機能障がい(心臓機能障がい、じん臓機能障がい、呼吸器機能障がい、ぼうこう又は直腸機能障がい、小腸機能障がい、免疫機能障がい、肝臓機能障がい)

療育手帳

療育手帳は、知的障がいをお持ちの方が、様々なサービスや支援を受けやすくするために必要な手帳です。児童相談所または総合療育相談センター(障がい者更生相談所)で知的障がいと判定された方に交付されます。障がいの程度によってA1(最重度)からB2(軽度)までに区分されます。
なお、療育手帳をお持ちの方で、住所、氏名を変更するとき、手帳をなくしたとき、再判定で非該当になったとき、手帳が不要になったときなどは、手続きが必要です。

申請に必要なもの

新規申請

  1. 申請者(対象者が18歳未満の場合は保護者)の印鑑
  2. 写真(たて4cm×よこ3cm・上半身・無帽・半年以内に撮影したもの)

再交付・再判定

  1. 現在お持ちの療育手帳
  2. 申請者(対象者が18歳未満の場合は保護者)の印鑑
  3. 写真(たて4cm×よこ3cm・上半身・無帽・半年以内に撮影したもの)

精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳は、一定の精神障がいの状態にあると認定された方が、自立と社会復帰、社会参加の促進を図るために必要な手帳です。
申請には、精神障がいを支給事由とする年金を受給中であること、もしくは精神障がいと診断された日から6ヶ月以上経過していることが条件です。障害の程度によって、1級(重度)から3級(軽度)に区分されます。
なお、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方で、住所、氏名を変更するとき、手帳をなくしたとき、手帳を更新するとき、手帳が不要になったときなどは、手続きが必要です。
また、手帳の有効期間は2年ですが、更新することができます。更新手続きは、有効期限の概ね3ヶ月前からできます。

申請に必要なもの

新規申請

  1. 精神障害者保健福祉手帳用診断書又は障害基礎年金の年金証書・直近の年金振込通知
  2. 申請者の印鑑(スタンプ式は除く)
  3. 写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル・上半身・無帽・半年以内に撮影したもの)

更新・再承認・等級変更

  1. 現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳
  2. 精神障害者保健福祉手帳用診断書又は障害基礎年金の年金証書・直近の年金振込通知
  3. 申請者の印鑑(スタンプ式は除く)
  4. 写真(たて4センチメートル×よこ3センチメートル・上半身・無帽・半年以内に撮影したもの)

注意:すでに写真付きの手帳を持っている場合は不要

 

お問い合わせ先
福祉課障がい福祉担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:143、144、145)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ