印鑑登録の申請

更新日:

印鑑登録の申請

印鑑登録は、本人自らが申請することが原則です。

代理人が申請する場合には、「委任状」及び「保証人」が必要となります。

対象となる人

寒川町に住民記録のある15歳以上で、成年被後見人でない人

注意:印鑑登録をされていた人が成年被後見人となった場合、印鑑登録は廃止となります。

持参するもの

1.登録する印鑑 
 同居の家族が誰も登録していないもの

 注意:同一世帯で同じ印鑑を登録することはできません。
    印鑑が違っても、印影が同じ場合も登録できませんのでご注意ください。
 

2.身分を証明できるもの
 運転免許証やパスポート等、官公署の発行した写真入りの身分を証明できるもの、もしくは
 会社や学校などが発行した身分を証明できるもの
 注意1:写真のあるもの(写真と台紙にプレスか割印による証印や、写真に特殊加工が施さ
    れているもの)で、発行者の公印または代表者の印があり、寒川町役場が身分証明
    書として適当であると認めたもの
 注意2:有効期限のあるものは、有効期限内に限ります。
 

印鑑登録申請書様式

印鑑登録申請書

登録できる印鑑

登録できる印鑑の例をあげます。詳しくはお問い合わせください。

1.日本人の場合
 印鑑登録をしたい人の氏名が「寒川太郎」さんの場合

  • 氏と名:「寒川太郎」
  • 氏のみ:「寒川」
  • 名のみ:「太郎」
  • 名前以外の事項のあるもの:「寒川太郎の印」「寒川ノ印」「太郎之印」
                 唐草模様等の簡単な模様のあるもの

注釈:慣習的な文字や新字、旧字で登録できる場合があります。
例:「渡邊」→「渡辺」「三澤」→「三沢」
 

2.外国籍の人の場合
 印鑑登録をしたい人の氏名が「SAMUKAWA TAROU STUART」さんの場合

  • 氏と名:「SAMUKAWA TAROU STUART」
  • 氏のみ:「SAMUKAWA」
  • 名のみ:「TAROU STUART」「TAROU」

注意1:通称名登録がある場合は、通称名でも登録できます。
   通称名がカタカナの場合はカタカナ、漢字の場合は漢字での登録となります。
注意2:漢字圏の国籍で、漢字での氏名登録がある場合は漢字名でも登録できます。
   カタカナ(読み方)で登録したい場合は、通称名登録もしくはカタカナ表記での
   登録が必要です。

登録できない印鑑

  • 住民票に記載されている氏名、または氏と名のいずれも表していないもの
  • ゴム印など印材の変形しやすいもの。(シャチハタ印やスタンプ印も不可)
  • 印影の大きさが、8ミリ四方より小さいもの。または、25ミリ四方より大きいもの
  • 印影が不鮮明であったり、文字の判読ができないもの
  • 登録申請者の氏名のほかに職業やその他の事項を彫ってあるもの
  • 輪郭のないもの、および輪郭が4分の1以上欠けてしまったもの

注意:そのほかにも登録できない場合がありますので、詳しくはお問い合せください。

三文判を登録するのは危険です

一般に市販されている既製の印鑑は、機械によって大量生産されているので、印影がまったく同じに作られています。誰でも簡単に同じものを手に入れることができるため、 悪用される恐れがあります。印鑑登録用とされている印鑑を使用するようにしてください。

写真付きの身分証明書を持っていない人の場合

写真付きの身分証明書がない場合、

1.印鑑登録をしている人に保証人を依頼

2.自宅に文書を送付し、本人確認をする文書照会

という方法があります。

保証人をつける場合

1.印鑑登録申請書の保証人欄に、住所・氏名・生年月日を記入してもらい、保証人の印鑑登録している印を押してもらってください。

注意:保証人の押印した印が印鑑登録している印であるか確認します。
保証人が寒川町以外で印鑑登録している場合は、保証人が居住する市町村が発行する印鑑登録証明書(発行から30日以内のもの)も一緒に提出してください。
 

2.本人が来庁し、保証人欄が記入・押印されている申請書を持って申請してください。

注意:本人確認書類(保険証等)をお持ちください。
 

3.その場で印鑑登録証(カード)を交付します。
注釈:印鑑登録証明書が必要な場合は、一緒に申請してください。
 

4.後日、保証人による印鑑登録した旨の文書を送付します。

文書照会をする場合

注意:申請した日に印鑑登録をすることはできません。

1.本人が来庁し、印鑑登録の申請をします。

注意:本人確認書類(保険証等)をお持ちください。
 

2.後日、登録者確認のため照会書を、住民登録してある住所に「転送不要」で送付します。

注意:郵便物の転送依頼をかけている場合、照会書は届きません。
 

3.照会書内の回答書に必要事項を記入のうえ、登録する印鑑を押し、期日までに回答書・登録する印鑑・本人確認書類を持って町民窓口課に来庁してください。
回答書の内容確認後、印鑑登録証(カード)を交付します。
注釈:印鑑登録証明書が必要な場合は、一緒に申請してください。

印鑑登録申請書様式

印鑑登録申請書

本人が登録の申請ができない場合

本人が直接申請することが原則ですが、やむを得ない場合にのみ代理人による登録を認めています。

代理人による登録申請の場合

注意:申請した日に印鑑登録をすることはできません。

1.登録申請をする人、代理人、保証人の欄をすべて記入、押印した申請書及び委任状を代理人が持参し、申請をします。申請の際は、登録する印鑑をお持ちください。

注意1:代理人と保証人は同じ人がなることはできません。
注意2:登録申請をする本人からの委任状をお持ちください。
注意3:代理人は本人確認書類(運転免許証・保険証等)をお持ちください。
 

2.後日、登録者確認のため照会書を、登録申請をする本人の住民登録してある住所に「転送不要」で送付します。

注意:郵便物の転送依頼をかけている場合、照会書は届きません。
 

3.照会書内の回答書に本人が必要事項を記入のうえ、登録する印鑑を押し、期日までに回答書・代理人の印鑑(申請書に押したもの)・本人確認書類を持って代理人が町民窓口課に来庁してください。
回答書の内容確認後、印鑑登録証(カード)を交付します。
注釈:印鑑登録証明書が必要な場合は、一緒に申請してください。

注意:郵送による申請はできません。

印鑑登録申請書・委任状様式

印鑑登録申請書

注意すること

寒川町に転入してきたときは、前住所地の印鑑登録は無効になります。
必要な人は改めて寒川町で印鑑登録をしてください。

注意:一度寒川町から転出(国外への転出含む)し、また寒川町に戻ってきた場合も印鑑登録は無効となっているので、必要な場合は新たに印鑑登録をしてください。

寒川町外に転出する時は、転出日をもって、印鑑登録は無効になります。
転出日以降は、印鑑登録証(カード)を廃棄してください。
印鑑登録証明書が必要な人は、新住所地で改めて印鑑登録の手続をしてください。

受付時間

平日月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時

第1・第3土曜日の午前8時30分から正午(1月1日から1月3日を除く)

お問い合わせ先
町民窓口課総合窓口担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:171、172、173、174、175)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ