寒川神社遺跡

更新日:2013年02月19日

(寒川町No.41)遺跡

 

 寒川神社(さむかわじんじゃ)遺跡は相模川の支流である目久尻川東約400メートルの位置にある、相模野台地南西端の標高10メートルの低位段丘上に位置する遺跡です。平成5年に学術調査、平成18年には神嶽山周辺整備工事に伴い発掘調査が実施され、中近世の溝状遺構やピットが確認されました。明確に社寺跡と確認される遺構は発見されなかったものの、中近世には社殿の構築、修復が行われていた記録もあり、それらに関連した遺構とも考えられます。

 

 

第1次調査区全景
 
ピット群(柱穴等)が見られます。

第1次調査区全景

 

第2次調査区、中近世:1・2号溝

第2次調査区、中近世:1・2号溝

お問い合わせ CONTACT

教育政策課社会教育担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:513、514)
ファクス:0467-75-9907
メールフォームによるお問い合わせ