ごみに関するよくある質問

更新日:2022年07月14日

ページID : 15321

皆様からのごみに関するよくあるご質問を掲載いたしましたので、ご参考にしてください。

ごみや資源物は、どこの置場に出せばいいですか。

 ごみ置場については、原則として、5世帯以上に1か所、設置されております。町では、各世帯が利用している置場を特定することはできません。お引越しをされて来た方などでごみ置場が分からない場合には、利用できる場所や清掃当番のルールなどについて、ご近所の方にご確認ください。

 資源物置場については、原則として、100世帯に1か所、設置しており、各自治会で場所を決め、管理しております。利用できる場所につきましては、ご近所の方か自治会長にご確認をお願いします。

ごみ置場を増やしてほしい(移動したい)のですが、どうしたらいいですか。

 ごみ置場の隣接者の理解や土地所有者の了解を得てもらう必要があります。また、設置場所は、清掃車両の通り抜けが可能であるとか、収集・運搬作業を安全かつ効率的に行うことができることなどの条件があります。

 手続きとしては、町へじん芥集積所設置(変更)申請書を提出していただきます。

自治会に入らないとごみは出せないのですか。

 自治会には、できるだけ加入していただくことをお勧めしています。町民であれば、地域で決められたごみ置場に出すことはできますが、ごみ置場は利用者の皆様で管理していただいていることもあり、清掃当番などがある場合には、その当番に加わっていただきますようお願いします。

大型ごみや特別大型ごみはどこに出すのですか。

 大型ごみ、特別大型ごみについては、有限会社寒川公衆衛生社(電話:0467-75-0070)に電話し、ご自宅に収集に来てもらう日時と出しておく場所を決めてください。その後、大型ごみは、1点につき寒川町証紙1枚(500円)、特別大型ごみは、1点につき寒川町証紙2枚(1000円)をコンビニなどの販売所で購入し、氏名を記入し、ごみの見やすい場所に貼り、指定された日時に決めた場所へお出しください。

 この他、茅ヶ崎市環境事業センター(住所:茅ヶ崎市萩園836、電話:0467-58-4299)へご自身で直接、持ち込む方法もあります。この場合、一定の手数料がかかります。

自転車を廃棄したい場合、どうすればいいですか。

 自転車は大型ごみとなりますが、例外として幼児用自転車(ホイールが金属でないもの)は大きさが80センチメートルかける50センチメートルかける50センチメートル以下であれば不燃ごみに出すことができます。

 自転車は通常の大型ごみと同様に500円の証紙が1枚必要です。茅ヶ崎市環境事業センターへの直接持ち込みはできませんが、不燃ごみに該当する幼児用自転車のみ、搬入できます。

 電動アシスト付き自転車のバッテリーは、必ず外してから出してください。(リチウムイオン電池、ニッケル水素電池の表示があるバッテリーは、小型家電回収ボックスにお入れください。それ以外のバッテリーは販売店、またはメーカーにご相談ください。)

ごみの収集時間がいつもより早くて出せなかったが、何か理由があるのですか。

 ごみの収集時間については、渋滞などの影響や道路工事等による収集ルートの変更や地区ごとのごみの量によって変動があります。ごみは朝8時までに置場に出していただくようお伝えしています。この時間までにお出しいただきますようお願いします。

カラス対策について教えてください。

 ごみ置場の状況にもよりますが、網目の細かい折り畳み式のネットボックスの設置を推奨しており、自治会や地域の方々で購入していただいています。

 また、カラスにより置場が荒らされてしまった場合などは、その片付けなどを利用者全員で協力しあってください。

 ただし、ネットボックスは、人や車両の通行の支障となる場合がありますので、収集が終りましたら、早めに折りたたむなど、通行の支障とならないよう利用者の皆様でご協力ください。

この記事に関するお問い合わせ先

環境課資源廃棄物担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:431、433、434、436)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ