新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の有効期間の延長について

更新日:2020年06月24日

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、要介護・要支援認定について、次のような取り扱いが可能です。

1 次の(ア)(イ)の要件を全て満たす被保険者は、認定調査を実施せず、従来の有効期間に最長12か月を合算(延長)することができます。

(ア)現認定有効期間満了日の60日前から現認定有効期間満了の日までの間に、更新申請をするために申請書を提出した被保険者であること。

(イ)新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点から、当該被保険者にかかる認定調査の実施を希望しないこと。

 

2 申請書等の記載について

 「介護保険要介護認定・要支援認定申請書」および「訪問調査のご都合をお聞かせ下さい」に必要事項を記載してください。

 なお、次の2点を記載していただいた場合、有効期間の延長の扱いといたします。        

  • 感染拡大防止から、認定調査を希望しない
     
  • 現在の被保険者の様子が、前回認定時と比較して変化がない
    認定期間延長希望時の記入例 ・・・状態に変化がなく、有効期間の延長を希望する。

 

3 結果通知(被保険者証)について

 認定結果通知等を書留で郵送します。

 送付先が被保険者の住所と異なる場合は、郵便番号、住所、宛名を申請書または 「訪問調査のご都合をお聞かせ下さい」の余白に記載してください。

 

要介護認定の臨時的な取扱いの終了時期について

 5月25日をもって緊急事態宣言が解除となりましたが、要介護認定の臨時的な取り扱い(有効期間の延長)の終了時期は未定となっており、8月末認定有効期間切れの更新申請者についても、当面の間、臨時的取扱いの対象とします。

 臨時的取り扱いの終了時期については、国通知等により検討し、結果については、ホームページ上でお知らせします。

 

 

お問い合わせ CONTACT

高齢介護課高齢福祉担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:131、133)
ファクス:0467-74-5613メールフォームによるお問い合わせ