寒川町議会の感染予防・拡大防止対応について

更新日:2020年03月25日

 国から出される指針や新型コロナウイルス対策に大きな変更がない場合、次の事項を寒川町議会の基本的な考えとする。

1.基本的事項
・「3つの密」の徹底的な回避、体調管理、マスク着用、手洗い・消毒、咳エチケット、人と人との距離確保等を徹底し、十分な換気や適度な保湿を行う。

2.健康管理について
・毎日、検温を行う。
・不要不急の外出は避ける。
・マスクの着用、手洗い、うがいによる消毒等感染防止活動の励行。


3.議員活動について
・自らの会合を主催及び他団体の会合等に出席する場合は、感染予防対策を徹底する。
・感染者や濃厚接触者に対して偏見や差別につながるような発言・行為は絶対に行わない。


4.議会登庁時の対応
・登庁している間は、マスクを必ず着用する(不織布マスク推奨)。
・毎日検温を行い、登庁の際、必ず体温確認チェックシートに記入する。
・会議時は、余裕を持った着席体制をとる。
・会議等は該当議員のみの出席とし、傍聴については、各議員控室で行う。
・議員控室の換気はこまめに行う。
・会議出席の際は、当面の間、ひざ掛け及びジャケット内に着用する防寒着の使用を可能とする(コート等の上着は不可)。
・一般傍聴については、ご遠慮いただく。
・一般質問について執行部と調整を行う時は、会派ごとに指定した部屋で行うこととし、議員控室では行わない。

5.感染が疑われる時の対応
・平熱よりも体温が高い、頭痛、咳、その他風邪の症状が見られる場合には、登庁せず議会事務局に報告し、かかりつけ医に相談するとともに、保健所からの指示がある場合は、それに従う。
・議員が濃厚接触者に該当した場合、14日間の経過観察期間に入るため外出が制限されることから、陽性・陰性及び自覚症状の有無に関わらず登庁せず議会事務局に報告する。
・他の議員が陽性であることが判明した場合に保健所より濃厚接触者と判断される可能性のある議員は、議会事務局に報告のうえ登庁を見合わせる。その後は保健所の指示による。
・同居の家族が濃厚接触者に該当する場合は、次のとおりとする。
(1)家族が陽性の場合は、濃厚接触者となるので、上記取り扱いに準ずる。
(2)家族が陰性の場合は、基本的事項を遵守するとともに、議会事務局に報告のうえ対応を協議する。
・同居の家族が風邪症状またはPCR検査対象になった場合は、基本的事項を遵守するとともに、議会事務局に報告のうえ登庁を見合わせる。

6.視察等について
・各常任委員会等の視察、各会派や個人での先進地視察や研修会等への参加については、状況を勘案しながら議会として判断していくが、しばらくの間自粛する(オンライン視察は可)。

 

お問い合わせ CONTACT

議会事務局総務担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:341、342)
ファクス:0467-74-1115
メールフォームによるお問い合わせ