宮山遺跡出土遺物

更新日:2014年07月23日

 

弥生時代後期の土器の多くが東海地方の影響を受けたものです。
調査について標記のないものは平成9年(第1次)調査の遺物です。

 

壺

名称:壺
 
出土地点:1号土坑
時期:弥生時代後期
高さ:40.1センチメートル
管理:文化財学習センター
展示:保管中

壺

名称:壺
 
出土地点:5号方形周溝墓
時期:弥生時代後期
高さ:28.9センチメートル
管理:文化財学習センター
展示:展示中

広口壺

名称:広口壺
 
出土地点:5号方形周溝墓
時期:弥生時代後期
高さ:13.1センチメートル
管理:文化財学習センター
展示:展示中

坩

名称:坩
 
出土地点:5号方形周溝墓
時期:弥生時代後期
高さ:10.3センチメートル
管理:文化財学習センター
展示:展示中

壺

名称:壺
 
出土地点:平成22年調査、2号方形周溝墓
時期:弥生時代後期
高さ:30センチメートル
管理:文化財学習センター
展示:保管中

上の壺の口縁と肩部の文様

上の壺の口縁と肩部の文様

櫛描文(くしがきもん)とよび、櫛のような工具で沈線を施文したと考えられます。
東海地方の影響のひとつです。

お問い合わせ CONTACT

教育政策課社会教育担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:513、514)
ファクス:0467-75-9907
メールフォームによるお問い合わせ