大曲五反田遺跡

更新日:2013年02月19日

(寒川町No.76遺跡)

 

 大曲五反田(おおまがりごたんだ)遺跡は、相模川の支流である小出川東岸に位置する遺跡です。平成17年に小出川河川改修工事に伴い発掘調査が実施されました。本遺跡北東側の茅ヶ崎市西方A・B遺跡、同市七堂伽藍跡などを中心とする下寺尾官衙遺跡の一部です。同遺跡は県立北陵高校に位置する相模国高座群の群家(館や群庁)や、群寺(下寺尾七堂伽藍跡)の7、8世紀ごろの官衙に関する遺跡群です。
 大曲五反田遺跡は、その中の運河の一部とされ、祭祀が行われていた場所と考えられています。人形(ひとがた)という木製品のまじないに使われた道具などが発見されています。

お問い合わせ CONTACT

教育政策課社会教育担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:513、514)
ファクス:0467-75-9907
メールフォームによるお問い合わせ