都市計画道路3・3・3号宮山線((仮称)湘南台寒川線)について

更新日:

都市計画道路3・3・3号宮山線について

これまで、県道45号丸子中山茅ヶ崎(藤沢市宮原)からさがみ縦貫道路寒川北インターチェンジが接続する県道46号相模原茅ヶ崎の区間で検討していた(仮称)湘南台寒川線については、平成25年3月29日に都市計画道路に追加する手続きが完了し、寒川町区間については3・3・3号宮山線という名称で都市計画道路となりました。

なお、藤沢市区間においても、藤沢市において3・3・9号遠藤宮原線として都市計画手続きが平成25年3月29日に完了しています。

 

都市計画道路の位置関係は次のPDFファイルでご確認いただけます。

都市計画道路 位置図(PDF:1.9MB)

 

 

(仮称)湘南台寒川線の経緯や整備効果など

【現状と課題】

  • 寒川町北部地域の幹線町道は、大型車の通行量が近年、増加傾向であり、道路の傷みが激しくなっています。 また、歩道の整備が遅れていることもあり、歩行者の通行に支障をきたしています。  
  • 国土交通省が建設中の(首都圏中央連絡自動車道)さがみ縦貫道路は、寒川町内を通過する区間について、早期の開通を目標に整備が進められています。
  • 寒川町北部地域と藤沢市北部方面を連絡する東西幹線道路が不足しているため、さがみ縦貫道路が開通すると、寒川北インターチェンジを利用する車両が地域内の生活道路に流入し、交通の混乱が想定されています。

【対応策】

  • 寒川町北部地域の東西幹線道路の不足を解消するため、藤沢市が整備を進めている湘南台方面(国道467号)から県道丸子中山茅ヶ崎(県道45号)までの全幅25メートルの道路(藤沢市道 遠藤宮原線)と、寒川町の県道相模原茅ヶ崎(県道46号)のさがみ縦貫道路寒川北インターチェンジ接続部とを連絡する広域幹線道路を検討。
  • さがみ縦貫道路寒川北インターチェンジを利用する交通の処理を分担する道路を検討。

↓ ↓ ↓

上記2つの機能を含めた広域的な役割を持つ新しい道路「(仮称)湘南台寒川線」を計画

【想定される効果】

 (仮称)湘南台寒川線が整備されると、現在事業中のさがみ縦貫道路と合わせ、多様な効果が期待されます。

  • 生活道路の安全性が向上します!
    さがみ縦貫道路寒川北インターチェンジを利用する交通の処理を分担し、地区内の生活道路への車両の進入が減少し、安全性が向上します。
  • 寒川町の北部地域と藤沢市の湘南台方面との連絡が強化されます!
    寒川からは湘南台駅、横浜方面への連絡がスムーズになり、藤沢からはさがみ縦貫道路、計画中のツインシティ倉見地区へのアクセスが向上します。
  • 寒川町と藤沢、横浜方面との物流がスムーズになります!
    寒川町と藤沢、横浜方面との物流がスムーズになることで、町の産業の活性化に繋がります。
  • 広域連携による緊急車両の通行を担います!
    災害発生時などの緊急車両の通行が確保され、救助や復旧作業が円滑化されます。

 

【(仮称)湘南台寒川線の位置づけ】

寒川町では、(仮称)湘南台寒川線について、「さむかわ2020プラン」や「寒川町都市マスタープラン」等に盛り込まれている事業であり、周辺自治体との広域的なネットワークを形成する幹線道路として、交流と連携を支え、快適でにぎわいのあるまちづくりの一翼を担う道路として位置づけられています。

神奈川県では、「かながわのみちづくり計画」にも盛り込まれており、自動車専用道路網を補完して、地域の交流・連携を支える幹線道路網の整備を推進する道路として位置づけられています。

さがみ縦貫道路

寒川町都市マスタープラン(PDF:1.2MB)

寒川町総合計画さむかわ2020プラン

かながわのみちづくり計画

ツインシティ整備計画

 

 

ルート選定で考慮した事項

ルートを検討する上で、下記の事項について考慮しました。

  1. 県道45号(丸子中山茅ヶ崎)と藤沢市道遠藤宮原線とのT字交差点(宮原南交差点)に取り付ける
  2. 積極的に農業を営んでいる耕地整理地区への接触をできる限り避ける
  3. 都市計画施設寒川町リサイクルセンターへの接触を避ける
  4. 一級河川目久尻川の渡河角度は河川構造令による基準値以上を確保する
  5. 寒川町倉見大村地区第一種住居地域は、住宅が多いことから抵触及び分断を避ける
  6. 農用地の分断を最小限にするためできる限り一級河川目久尻川に近づける
  7. 幹線町道との交差点はできる限り直角に近い交差角となるようにする
  8. 寒川町宮山地区の既存集落(調整区域)のコミュニティの分断を出来る限り避ける
  9. 寒川町旭小学校及び北部公民館への影響を考慮し離隔をできる限り確保する
  10. 寒川町旭保育園からの離隔をできる限り確保する
  11. サギの営巣地(サギコロニー)からの離隔をできる限り確保する
  12. さがみ縦貫道路寒川北ICに直結する

 

詳しい位置関係は次のPDFファイルよりご確認いただけます。

ルート選定理由(PDF:338.8KB)

 

 

地元説明会など

【開催状況】

ルート沿線の住民の方を対象とした地元説明会を下記の日程で開催しました。

   【1】(仮称)湘南台寒川線 計画概要説明会

  平成24年5月19日 記念碑前(小動)

  平成24年6月15日 北部公民館(宮山)

  平成24年6月20日 北部公民館(宮山)

  平成24年6月22日 大村地域集会所(倉見)

  平成24年6月25日 大村地域集会所(倉見)

 

   【2】(仮称)湘南台寒川線 道路計画説明会

  平成24年12月26日 北部公民館(宮山)

  平成24年12月27日 北部公民館(宮山)

 

   【3】3・3・3号宮山線 都市計画説明会

  平成25年1月9日 北部公民館(宮山)

 

上記の開催された説明会の資料は次のPDFファイルよりご確認いただけます。

【1】計画概要説明会資料(PDF:925.3KB)

【2】道路計画説明会資料(PDF:3.3MB)

【2】道路計画説明会資料【参考資料】(PDF:1.1MB)

【3】都市計画説明会資料(PDF:1.3MB)

【開催結果】

上記の地元説明会の結果及び今後の方針を次のPDFファイルよりご確認いただけます。

地元説明会結果概要と今後の方針(PDF:194.8KB)

 

 

環境実態調査について

【環境実態調査について】

3・3・3号宮山線((仮称)湘南台寒川線)については、環境影響評価法や県の環境影響評価条例には該当しませんが、寒川町では自主的に環境実態調査を実施しております。

詳細は、次のページをご参照ください。

環境実態調査について

 

 

今後の事業について

【事業スケジュールについて】

  • 平成25年度からは、神奈川県において事業化に向けた現地の地形や地質の調査を実施します。
  • その後、これまでの地元説明会でのご意見を踏まえながら、道路の詳細な構造について設計を行い、再度、地元説明会(設計説明会)を開催する予定です。

道路供用までの概略スケジュールは次のファイルをご参照ください。

事業概略スケジュール(PDF:53.1KB)

お問い合わせ先
道路課整備担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:314、315)
ファクス:0467-75-9906
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。