スプレー缶の穴あけ事故にご注意下さい!

更新日:

スプレー缶の廃棄時の注意について

 全国的に、スプレー缶の穴あけ事故による火災が増えています。これからの寒い季節はお鍋のカセットボンベなどスプレー缶を利用する機会が多くなります。スプレー缶は生活に便利で欠かせないものとなっておりますが、缶の中には可燃性の液化石油ガス(LPG)が入っており、取扱いに注意が必要です。特に事故が増えているのが、スプレー缶を使用し終わったあと、缶に穴をあけて中のガス抜きを行うときで、穴をあけたときに中に残っていたガスが、近くの火気に引火することにより火災となってしまうケースが増えています。ご自身やご家族、財産を守るためにも、次の注意事項を確認して安全に処分するようお願いいたします。

 

スプレー缶の可燃性ガスにご注意下さい。

 

スプレー缶を廃棄する時の注意事項

  1. スプレー缶を廃棄する場合は、製品に記載されている注意書きを確認の上、必ず中身を使い切り、各市町村が指定するごみの分別と出し方を守って捨てましょう。
  2. 寒川町での廃棄方法は、スプレー缶は中身を使い切ったあと穴をあけて、缶はつぶさずごみ置き場にある専用のメッシュの袋に入れます。
  3. ガス抜きをするときは、必ず火気のない風通しの良い屋外で行い、完全にガスがなくなるまで噴射します。
  4. 缶に穴をあけるときは、ガス抜きが完全に終わったことを確認してから行い、製品に記載されている注意書きに従って行って下さい。釘や金づちを使って穴をあけると火花が発生して引火爆発のおそれがあり大変危険なので、専用器具等を使って安全に穴をあけます。
  5. 可燃性ガスは空気より重たい性質があり、拡散しづらいため、ガス抜き、穴をあけた場所付近では、火気による引火に注意して下さい。しばらくは、付近でたばこを吸ったりすることは危険です。

 

事故例

  • 収集したゴミの中に、ガスが残ったスプレー缶が混ざっていて、ゴミ収集車の中でスプレー缶が破裂した。
  • キッチンの流し台でガス抜きをしていたところ、コンロや給湯器の火気を使用していたためガスに引火し、火災となった。
  • 風通しの悪い場所でのガス抜き作業後に、たばこを吸うためライターに火を付けた瞬間、そこに滞留していたガスに引火して爆発し、やけどをした。

 

スプレー缶の廃棄について、不安・不明な点がある方は消防本部予防課へご相談下さい。 

TEL 0467-75-8002

 

お問い合わせ先
消防本部予防課予防担当
〒253-0106
神奈川県高座郡寒川町宮山396番地
電話:0467-75-8002
ファクス:0467-75-8080
メールフォームによるお問い合わせ