寒川町火災予防条例が一部改正(別表第3関係)されます

更新日:

 

改正の理由

 対象火気設備等及び対象火気器具等に関する条例制定の基準を定める「対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令」(平成14年総務省令第24号。以下「対象火気省令」という。)の施行後10年以上が経過し、当初、想定されていなかったIHこんろなどの設備及び器具が流通してきた現状を踏まえ、当該設備及び器具への対応を図るために対象火気省令が改正されました。

 それに伴い、寒川町火災予防条例の一部改正を行ったものです。

対象火気設備等及び対象火気器具等とは?

 火を使用する設備、器具又はその使用に際し、火災の発生のおそれのある設備、器具のことです。

(例)厨房(台所)設備、移動式ストーブ、こんろ、ふろがま など

主な改正内容

 対象火気設備等及び対象火気器具等の離隔距離を定めた別表第3に、下記の対象火気設備の追加等を行いました。

(1)ガスグリドル付こんろ

(2)入力が5.8キロワット以下である電磁誘導加熱式(IH)調理器

また、今回の改正に併せて、備考欄の体裁を整える等の改正を行いました。

一般家庭で使用する対象火気設備及び対象火気器具

 メーカー取扱説明書に火災予防条例に準じた離隔距離が示されていますので、そちらをご参照ください。

 不明な点や心配な方は取り付け業者または、消防本部予防課へお問合せください。

施行日

平成28年4月1日

(参考)

対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令の公布等について(通知)(平成27年11月13日)

お問い合わせ先
消防本部予防課予防担当
〒253-0106
神奈川県高座郡寒川町宮山396番地
電話:0467-75-8002
ファクス:0467-75-8080
メールフォームによるお問い合わせ