寒川町火災予防条例が一部改正されます

更新日:

 平成25年8月に発生した京都府内の花火大会での火災を踏まえ、不特定多数の人が集まる催しの防火管理体制の構築を図るため、寒川町火災予防条例が一部改正されます。

施行日:2015年4月1日

改正内容1

 不特定多数の人が集まる催しで、火気器具等を使用し露店等を出店する場合、主催者または出店者は以下のことが必要となります。

改正内容1

改正内容2

 屋外における催しの防火管理体制の構築を図るため、消防長が指定する大規模な催し(指定催し)を開催する場合、主催者は以下のことが必要となります。

改正内容2

「不特定多数の人が集まる催し」について

 町内公園等で開催される火気器具等を取り扱う各種イベント(産業まつり、みんなの花火など)で、不特定多数の人が集合することにより混雑が生じ、火災が発生した場合、消火活動に支障をきたし、危険性が高まるイベントです。なお、近親者によるバーベキュー、自治会、幼稚園などで主催するお祭りやもちつきのように相互に面識がある人が参加する催しは対象外です。

「指定催し」について

 「不特定多数の人が集まる催し」のうち、屋外で火気器具等の使用があり、以下に該当するものを消防長が「指定催し」として指定し公示します。なお、指定するときには、あらかじめ主催者の意見を聴き、指定した際には、主催者に通知するとともにホームページ等で公示を行います。

「指定催し」について

「火気器具等、露店等」について

 火気器具等とは、以下に該当するもので、その使用に際し火災の発生のおそれのある器具をいいます。

1.液体燃料(灯油、ガソリン等)を使用する器具

2.固体燃料(炭、薪等)を使用する器具

3.気体燃料(LPガス等)を使用する器具

4.電気を熱源とする器具

 例として石油ストーブ、発電機、バーベキューコンロ、ガスコンロ、電気コンロなどが該当します。露店等とは露店、屋台その他これらに類するもののことをいい、移動販売車なども含まれます。

「消火器の準備」について

 原則として、露店等の出店者など火気器具等を取り扱う人が、それぞれの火気器具等に対して、消火器を1本以上準備する必要があります。準備する消火器は、業務用消火器(住宅用消火器は除く。) 4型程度の大きさのものが目安となっており、消火器に腐食又は破損がないことを確認しましょう。

「消火器の準備」について

「露店等の開設届出書」の届出の手順

 火気器具等を取り扱う露店等を開設しようとする人が届け出る必要があります。ただし一つの催しで、複数の火気器具等を取り扱う露店等の開設がある場合は、主催者又は露店等の開設を統括する代表者が取りまとめて消防本部へ届け出て下さい。

 様式は寒川町のホームページの「申請書ダウンロード」から入手することが出来ます。「露店等の開設届出書」に露店等の開設場所及び消火器の設置場所についての略図を添付して、露店等を出店する日の3前までに、消防本部まで届け出て下さい。

「露店等の開設届出書」の届出の手順

「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」 の提出の手順

  主催者は「防火担当者の選任」を行い、「火災予防上必要な業務に関する計画」を作成させ、「指定催し」を開催する日の14日前までに消防本部へ提出して下さい。また、その計画に基づく業務を防火担当者に行わせます。

「火災予防上必要な業務に関する計画提出書」の提出の手順

 

下記のリーフレットを参考にイベント会場での火災予防にお役立て下さい。

リーフレット(概要版)(PDF:853.3KB)

リーフレット(詳細版)(PDF:1MB)

申請書の様式は、以下からダウンロードできます。

露店等の開設届出書

火災予防上必要な業務に関する計画提出書

お問い合わせ先
消防本部予防課予防担当
〒253-0106
神奈川県高座郡寒川町宮山396番地
電話:0467-75-8002
ファクス:0467-75-8080
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。