心肺蘇生法について

更新日:

心肺蘇生


事故や病気はいつどこで起こるかわかりません。心肺蘇生法とは時間が命です。そんな時にあなたの正しい応急手当が愛する家族・友人を救うことができるのです。心肺蘇生法の流れなどは、各サイトや資料などで記載されておりますので、ここでは注意点などを記載したいと思います。
 

1.周囲の安全確認

交通量の多い道路の真ん中で心肺蘇生法を実施し始めて、自分も車にひかれてはもともこもありません。そのような場合では必ず安全な場所に移動してから実施してください。
 

2.意識の確認

肩のあたりを叩いて「大丈夫ですかー?」と意識を確認をする。呼びかけに対して返答や仕草がなければ「反応なし」と判断します。
 

 3.大声で人を呼ぶ

この際にあなたが普通救命講習を収得しているのであれば「私は消防署で心肺蘇生法を受講して、その免許もあります。どなたか手伝ってください!!」みたいに言えば、より協力者が集まることと思います。 

4.呼吸の確認

呼吸の確認では、口・胸・お腹の全体を見渡せるくらいの距離で、普段どおりの呼吸をしているかを10秒間確認します。ここで普段どおりでの呼吸でなければ、すぐさま胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始します。また判断に迷うときも胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始します。

 

5.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

胸骨圧迫(心臓マッサージ)は救急隊が到着するまで実施ですが、もし救助者が2人いる場合には1人が119番に通報。もう1人が心肺蘇生法を実施し、実施している人が疲れた場合などは他の人と代わって心肺蘇生を実施する。胸骨圧迫(心臓マッサージ)は途中で中断することなく実施することが重要なのです。「継続は力なり」みたいなものです。

 

6.人工呼吸

まずは感染防止に気を配りましょう。自分の家族や仲間などの場合は何も躊躇せずにおこなうことと思いますが、見ず知らずの人には一歩引いてしまうのが当然。そんな時にハンカチやポケットマスクなるものを用いておこないましょう。また感染を恐れるために見知らぬ患者などへの人工呼吸はどうしても躊躇することと思います。そんな時には心肺蘇生法を実施しないのではなく、胸骨圧迫(心臓マッサージ)だけでも実施することにより、救命に大きな効果を生むことになります。

 

7. AED到着及び心電図の解析

AEDが到着次第、電源を入れ電極パッドを貼って下さい。後は全て機械の指示に従って下さい。ただ聞き取れにくい時もありますので、機械の音声メッセージには敏感になりましょう。
 
 
 

 

 
 最後に・・・


普通救命講習を取得している方でもこのような現場に遭遇したものの実際には講習会どおりには動けないものです。そんな時には、119番に通報したときに「私は普通救命講習の免許を取得しているのですがどうすればよいのですか?」と一言いえば、電話の向こう側で道先案内人として手助けをしますので、是非とも講習会でおこなったことを愛する家族・友人のために役立てましょう。
 
また普通救命講習会を受講されていない方は、これを機会に消防本部予防課警防担当に連絡し受講しましょう。
 

 

消防本部では上級・普通救命講習会を開催しています

お問い合わせ先
消防署
〒253-0106
神奈川県高座郡寒川町宮山396番地
電話:0467-75-8000
ファクス:0467-75-8080
メールフォームによるお問い合わせ