社会資本整備総合交付金

更新日:

社会資本整備総合交付金の概要

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として、国土交通省が所管する地方公共団体向けの個別補助金等を統合し、平成22年度に創設された制度です。

 この交付金は、道路、河川、下水道、公園、住宅及び住環境、市街地整備などに関わる政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した計画(社会資本総合整備計画)に基づき、基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備事業やソフト事業に対して交付されます。

 なお、寒川町では、従来まちづくり交付金を活用して実施していた事業を、社会資本整備総合交付金(社会資本総合整備計画)に移行させています。

 

まちづくり交付金とは

 「まちづくり交付金」は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を生かした個性あふれるまちづくりを実施し、地域住民の生活の向上と地域経済・社会の活性化を図るため、平成16年度に創設された補助制度(国土交通省所管)であり、市町村が作成した都市再生整備計画に対して交付される交付金です。

 このまちづくり交付金は、平成22年度より、上記の社会資本整備総合交付金に統合されましたが、計画については社会資本総合整備計画に移行させ、その中で引き続き「都市再生整備計画」として位置付けられています。

まちづくり交付金

まちづくり交付金と社会資本整備総合交付金の関係

社会資本総合整備計画の公表

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金を活用し、事業を実施しようとする場合は、政策目標や計画期間、目標実現のための事業等を記載した社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出し公表することとなっています。

 下記の計画を作成していますので、詳しくはリンクをご覧ください。

社会資本総合整備計画「全ての人にとって魅力ある寒川駅周辺地区の創出」(PDF:570.8KB)

事後評価について

 事後評価とは、国の示す方法に基づき、事業主体である地方公共団体が交付期間の終了する年度に、社会資本総合整備計画に記載した数値目標の達成状況等を確認し、交付金による成果を客観的に検証して、今後のまちづくりの方策を検討することや、事業の成果を住民の皆さんにわかりやすく説明することを目的としています。

 

事後評価原案の公表

 平成25年10月1日から平成25年10月30日まで、事後評価原案の公表を行うとともに、住民意見の募集を行いました。

 

社会資本総合整備計画「全ての人にとって魅力ある寒川駅周辺地区の創出」事後評価シートのパブリックコメント実施結果について

事後評価委員会

 事後評価委員会は、町による事後評価等が適切に遂行されたことや今後のまちづくりの方策について、中立・公平な立場で確認していただき意見を求めることを目的としています。

寒川町都市再生整備計画事業事後評価委員会

事後評価結果の公表

 事後評価委員会の審議結果を踏まえて、町として取りまとめた事後評価シート結果を作成し、国へ報告しました。

事後評価シート(PDF:18.3MB)

事後評価の概要(PDF:6.7MB)

フォローアップ

 事後評価シートについて、数値目標を見込み値で評価しているものの確定値を計測し、目標の達成状況の確認や再評価を行うため、フォローアップ報告書を作成しました。

フォローアップ報告書(PDF:180.8KB)

フォローアップ報告書の概要(PDF:88KB)

お問い合わせ先
企画政策課企画行革担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:211、212)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。