関東地方で風しんの届出数が増加しています。

 現在、例年と比較し、関東地方で風しんの届出数が大幅に増回しています。

 具体的には、7月23日から8月5日までに38例の風しんの届出があり、その多くは30代から50代の男性が占めていました。

 30代から50代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることがわかっています。

 明らかに風しんにかかったことがなく、、風しんの予防接種を受けたことがない方については、任意で風しんの予防接種を受けることをご検討ください。

 妊娠20週頃までの妊婦が風疹にかかると、おなかの赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障など(先天性風しん症候群)の発生を引き起こす可能性があるため、町では、その防止の一つとして、成人が接種する風しん予防接種費用の一部を助成しています。

 対象者や接種期間が限られていますので、詳しくは次のリンクをご確認ください。

 

風しんの臨時予防接種の実施について

お問い合わせ先
子育て支援課のびのびすくすく担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:164、165、166)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ