ひとり親家庭等医療費助成制度

更新日:

ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭(次のいずれかに該当する児童を育てている父子家庭と母子家庭、または養育者家庭)が病院などで受診したときに支払う医療費の保険診療分の自己負担分を助成します。
注釈:入院時食事療養費標準負担額は助成されません。

 

1.父母が婚姻を解消した児童
2.父または母が死亡した児童
3.父または母が重度の障害の状態にある児童
4.父または母の生死が明らかでない児童
5.父または母から1年以上遺棄されている児童
6.父または母が1年以上拘禁されている児童
7.母が婚姻しないで生まれた児童
8.父母がともに不明である児童(孤児など)
注釈:所得制限があります。

 

助成期間

児童が満18歳になった日以後の最初の3月31日まで
児童が一定の障害の場合、または高等学校等に在学している場合は20歳未満まで

所得制限

前々年分の所得及び税法上の扶養人数です。

扶養親族等の数 0人
ひとり親・養育者 192万円未満
・配偶者・扶養義務者・孤児の養育者 236万円未満
扶養親族等の数 1人
ひとり親・養育者 230万円未満
・配偶者・扶養義務者・孤児の養育者 274万円未満
扶養親族等の数 2人
ひとり親・養育者 268万円未満
・配偶者・扶養義務者・孤児の養育者 312万円未満
扶養親族等の数 3人
ひとり親・養育者 306万円未満
・配偶者・扶養義務者・孤児の養育者 350万円未満
扶養親族等の数 4人
ひとり親・養育者 344万円未満
・配偶者・扶養義務者・孤児の養育者 388万円未満
注釈:所得額から社会保険料等控除額(一律8万円)、その他医療費控除等を差し引いた金額です。

助成を受ける方法

神奈川県内の医療機関を受診するときに、健康保険証と一緒に町が交付する福祉医療証を窓口に提示してください。医療費の保険診療分の自己負担額を支払わずに受診できます。
 
神奈川県外の医療機関や、県内でも福祉医療用が使用できなかったときは、医療費の保険診療分の自己負担額を支払い、受診した月の翌月から1年以内に子ども青少年課へ申請し、払い戻し(口座振込)を受けてください。
払い戻しの手続きに必要なもの

・福祉医療証
・健康保険証
・印鑑
・領収書(患者氏名・保険診療の総合点・診療期間・領収金額・医療機関名の記載があるもの)
・申請する人の預金通帳
・高額療養費及び療養費払いとなる医療費については、社会保険の保険者からの支払いがわかるもの(支給決定通知等)

福祉医療証の申請

助成を受けるには福祉医療証の交付申請が必要です。
必要な書類等は世帯によって異なります。
申請を希望する人は子ども青少年課へ相談してください。

その他の手続き

健康保険証が変わったとき、住所等が変わったとき、福祉医療証を紛失したときなどは届出が必要です。
 
医療費が高額療養費に該当したときは、調整のため書類の提出をお願いする場合があります。
また、健康保険組合から高額療養費を受領した場合は、寒川町へ返金していただきます。

 

~お願い~

保育園や学校管理下の事由による負傷・疾病等の場合は学校等で加入している保険が対象となりますので、医療証は使用せず、受診していただき、学校等にお問合せください。

交通事故など第三者の行為によるケガなどの治療費は、その加害者が原則負担すべきものです。医療証は使用しないでください。

 

注意事項

次のいずれかに該当する場合は、本制度を受給することができません。

・ひとり親家庭の父または母が、異性と同居している(事実婚状態にある)とき。
・対象となる児童が児童福祉施設に入所していたり、里親に預けられているとき。

 

お問い合わせ先
子育て支援課子ども家庭担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:161、162、163)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ