国内におけるデング熱について

更新日:

国内におけるデング熱について

デング熱とは

 2014年8月より、全国でデング熱に感染したことが確認された患者が報告されています。デング熱はデングウィルスが感染しておこる、急性の熱性感染症です。潜伏期間は通常3~7日(最大期間2~15日)で、発熱、頭痛、筋肉痛、皮膚の発疹などが主な症状です。デング熱は蚊を介して感染するもので、人から人に直接感染するような病気ではありません。また、感染しても発症しないことも多くみられます。

デング熱を予防するには

 野外で活動する場合は、長袖、長ズボンを着用するなど、肌の露出を少なくしましょう。また、虫除け剤を使用するなど、屋内でも蚊に刺されないよう注意してください。

 蚊に刺されてから3~7日程度で突然の高熱が出たあと、頭痛、目の痛み、骨関節痛等の症状が見られれば、デング熱の可能性もあるため、早めに医療機関を受診してください。

 

厚生労働省 デング熱について

国立感染症研究所 デング熱とは

神奈川県  黒岩知事のメッセージ  デング熱に気をつけましょう

お問い合わせ先
健康・スポーツ課健康づくり担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:261、263)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ