新型コロナウイルスワクチン接種について【2月26日更新】

更新日:2021年02月26日

新型コロナウイルスワクチン接種について

(2月26日現在の情報です。今後、厚生労働省より情報提供がされ次第、情報を更新していきます)

 今回のワクチン接種は、国の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において予防接種を実施するものであり、 ワクチン接種の準備を順次進めています。
  ワクチンの承認やワクチンの供給時期など未確定の部分が多くありますが、ワクチンが承認された場合に速やかに接種が可能となるよう、接種体制を整えてまいります。

 

接種開始時期について

 医療従事者等、65歳以上の高齢者を優先に接種を開始、基礎疾患のある方、64歳以下の方の順に接種を進めていく方針が国から示されています。接種開始時期は未定です。

 

接種券について

 接種券、予約方法の案内、予診票を同封した通知を送付する予定です。

 65歳以上の人は3月下旬以降、64歳以下の人は準備でき次第、順次送付する予定です。

 国のワクチン供給状況により、変更する場合があります。

 

ワクチン接種の予約方法について

 ワクチンの有効利用のため、接種には必ず事前予約が必要です。予約方法は、LINEアカウント、WEBからの手続き、ワクチン接種コールセンターへの電話連絡により予約することができます。予約開始時期は未定です。

詳細が決まり次第、お知らせします。

 

LINEアカウント、WEBから予約

 町から送付する接種券に記載されている券番号、生年月日、予約日時などを入力することで、ワクチン接種の予約や、会場・日時等の確認が可能です。

 また、よくある質問への回答等、ワクチン接種に関する簡単な質問に対応できる機能も実装する予定です。

 画面イメージや予約手順などについては、決まり次第、お知らせします。

ワクチン接種コールセンター【050-2018-2341】から予約

平日午前8時30分から午後5時30分まで(土日祝日を除く)

 3月1日(月曜日)から開設し、接種の相談を受け付けます。また、接種券通知を送付後は、氏名、住所、生年月日、町から送付する接種券に記載されている券番号、予約希望日時などを伝えていただくことで予約手続きができます。なお、予約の変更、取消などもコールセンターから行うことができます。

 

ワクチン接種について

 このワクチンは1人2回の接種で、接種間隔はおおむね21日間から28日間です。製薬会社により接種間隔が異なりますが、同じ製薬会社のワクチンを接種します。

 

接種会場について

 ワクチンの流通状況を踏まえ、町内医療機関で個別接種を実施可能か確認を行っています。また、集団接種会場の設置を検討しています。

 詳細が決まり次第、お知らせします。

 

よくある質問

全般
ワクチンは接種しなければいけないのですか。 強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
接種券を他の人に譲ってもよいか。 接種券は本人のみが利用できるものですので、他の人に譲ることはできません。
受けないことによる罰則はありますか。 ありません。
マイナンバーカードは必要ですか。 カードは必要ありません。

 

対象
何歳から接種できますか。 当面、対象年齢は16歳以上です。
妊婦は接種できますか。 接種は可能ですが、産婦人科の担当医にご相談いただきますようお願いします。
ワクチンを受けられないのはどのような人ですか。 37.5℃以上など、明らかに発熱している方、ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(呼吸困難、頻脈など)の既往歴のある方などにあてはまる方はワクチンを接種してもよいか、かかりつけ医にご相談ください。
住民票は町外ですが、寒川町に住んでいる。寒川町で接種は可能ですか。 住民票登録市町村から送付された接種券を使って、町内の医療機関で接種できます。なお、集団接種会場は町外の方は接種できません。
町外の施設に入所しているのですが、接種は受けられるのですか。 施設の嘱託医や所在市町村の医療機関で接種を受けることができます。
通知が届いたが、寒川町から引っ越す予定。その場合はどこで接種を受けられるのですか。 接種日時点で住民票の有する市町村で接種を受けることができます。接種日時点で寒川町の住民でない方は寒川町の接種券を使用することはできません。

 

予約
予約はどんな方法がありますか。 LINEアカウントからの予約、WEBからの予約、コールセンターへの電話予約があります。
予約は町役場や医療機関でもできますか。 町役場、医療機関では予約を受け付けることはできません。
予約せずに接種会場に行ったら接種を受けることはできますか。 必ず事前予約が必要です。予約なしで接種を受けることはできません。
接種
お金はかかりますか。 自己負担はありません。予約金もかかりません。
どこで接種できますか。 原則、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。
接種会場は決まっていますか。 ワクチンの流通状況などを踏まえ、町内医療機関で個別接種を実施可能か確認中です。また集団接種会場の設置を検討しています。
決まり次第、ホームページなどでお知らせします。
持ち物はありますか。 町から送付する接種券、予診票、運転免許証や保険証などの本人確認書類が必要です。
他の予防接種を受けたばかりだが、接種できますか。 他の予防接種を受けた場合は、2週間後に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けることができます。
かかりつけ医が町外なので、そちらで接種を受けたいのですが可能ですか。
またその場合は届いた接種券は使用できますか。
かかりつけ医がワクチン接種をしていれば、かかりつけ医のある市町村に申請することで、受けることが可能です。接種券はそのまま使用することが出来ます。

 

ワクチン
効果はありますか。 開発中のワクチンを投与した人の方が、投与していない人よりも、新型コロナウイルス感染症に発症した人が少ないとの結果又は中間結果が得られたと発表しています。
どの製薬会社がワクチンを開発しているのですか。 現在、ファイザー社、アストラゼネカ社、モデルナ社の3社がワクチン開発を行っています。ファイザー社は2月14日に薬事承認され、医療従事者から接種開始になります。アストラゼネカ社は2月に薬事承認の申請をしています。薬事承認され次第接種開始になる予定です。
ワクチンの種類は選べますか。 接種を受ける時期に供給されるワクチンを接種することになります。複数のワクチンが供給されている場合も、2回目の接種では、1回目に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを接種する必要があります。
副反応はどんなようなものがありますか。 ファイザー社、アストラゼネカ社などが開発中のワクチンでは、接種後に、ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の事象がみられたことが発表されています。
予防接種による健康被害が出たら、補償はありますか。 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。予防接種法に基づく救済対象(医療費・障害年金等の給付)となっています。

詐欺には注意してください

 このワクチン接種は、自己負担はありません

 国、神奈川県、町などの職員を名乗り、ワクチン接種の予約をとると言って「予約金」を請求してくる詐欺にご注意ください。国、神奈川県、町などの職員がワクチン接種を勧めることや予約代行業者をあっせんすることはありません。

 

関連リンク

 詳細な新型コロナウイルスやワクチンについての情報は、以下のリンク先からご確認ください。

首相官邸・厚生労働省ホームページ

神奈川県

寒川町

お問い合わせ CONTACT

健康・スポーツ課健康づくり担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:261、263)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ