「プラスチック製容器包装」の資源化回収

更新日:

寒川町では、平成17年4月から「プラスチック製容器包装」の資源化回収を始めました。
今まで可燃ごみや不燃ごみとして焼却・埋め立て処分していた「プラスチック製容器包装」は現在順調に
リサイクルされ、ごみから資源へ生まれ変わっています。

「プラスチック製容器包装」とは?

お店で商品を購入したときに商品が入っている容器や包んである包装で、その商品を使い切ったり、取り出されたあと不要になったプラスチック製のものです。

「プラスチック製容器包装」の対象となるものには、右の"プラマーク"がついています。
 
注釈:「プラマーク」
平成13年4月から容器包装リサイクル法の対象となるものには、識別表示が義務化されています。

プラマークの画像

「プラスチック容器包装」を分別するのはなぜ?

資源ごみ以外のごみは、収集された後、可燃ごみは焼却し、残った灰や不燃ごみは埋め立てしています。
埋め立て処分場には限界があり、何年か先にはいっぱいになってしまいます。
また、地球の貴重な資源にも限りがあります。
このような現状で、ごみを減らし、資源を有効に活用することは、緊急の課題となっています。

容器包装リサイクル法とは?

家庭から出るごみの中で、"容器包装廃棄物"は、容量で約60%を占めています。
この"容器包装廃棄物"を資源化するために容器包装リサイクル法が制定されています。
この法律は、「消費者(みなさん)がごみを分別し出す」「自治体(町)がごみを収集し保管する」「事業者がごみを再商品化する」という役割を定め、"容器包装廃棄物"のリサイクルシステムを確立し、ごみの適正処理と資源の有効利用をねらいとしています。
その中で「プラスチック製容器包装」は平成12年から"容器包装リサイクル法"の対象となっています。

対象となるもの

袋・ラップ類

お菓子・インスタントラーメン・スナックなどの袋、スーパーなどのレジ袋、弁当や魚などがのっているトレイのラップ、トイレットペーパーの外装、野菜が入っているネット など

トレイ・パック・カップ類

食品用のトレイ、マーガリン・バターの容器、コンビニ弁当の容器、レトルト食品パック、カップ麺の容器、プリンの容器、卵パック など

ボトル・チューブ類

食用油・ソース・醤油などの容器、シャンプー・洗剤などの容器、消臭・芳香剤の容器、マヨネーズ・ケチャップ・カラシなどのチューブ、歯磨き粉・化粧品などのチューブ、チューブのり など

ふた・その他

ビン・ペットボトルのふた(プラスチック製のみ)、フィルムケース、電化製品・家具の緩衝材(発泡スチロール・エアパッキンなど)、メロンなどの緩衝ネット、発泡スチロール容器 など

 

同じプラスチック製のものでも、容器や包装でない商品そのもの(例:シャープペン、じょうろ、おもちゃ、バケツ、ビデオテープ等)は対象となりません。
今までどおり“不燃ごみ"へ出してください。

「プラスチック製容器包装」の出し方

  1. 商品を食べる・使い切る
  2. 洗う・汚れを落とす
  3. プラスチック製容器包装用の町指定収集袋(※注)に入れる
  4. 可燃ごみ置き場に出す

 
注釈:町指定収集袋について
  プラスチック製容器包装用の指定収集袋は、大きな「プラマーク」のついた透明の袋です。
  町内の指定店で販売  20枚入り 324円(税込)

関連ホームページ

「容器包装リサイクル法」についてなど、詳しくは下記へ

財団法人 日本容器包装リサイクル協会

東京都港区虎ノ門1-14-1 郵政互助会琴平ビル 2階
電話 03-5532-8597
ファクス 03-5532-9698

日本容器包装リサイクル協会へのリンク

「プラスチック製容器包装」Q&A

Q1 集めた「プラスチック製容器包装」は、どのようにリサイクルされるのですか?
A1 クリーンセンターで選別・圧縮した後、民間の資源化施設で加熱して熱分解し、鉄をつくるときの還元剤
   (コークスの代替え)や燃料ガス、プラスチック原料等として利用されます。
   (実際に資源化する事業者(再商品化事業者)によって異なります)
 
Q2 対象商品にはいろいろな種類がありますが、各種類ごとに別々に出すのですか?
A2 「プラスチック製容器包装」の対象商品をすべてまとめて、町指定収集袋に一緒に入れて出してください。
 
Q3 洗ってから出すとのことですが、どの程度まで洗うのですか?
A3 リサイクルするまでには、回収・選別・梱包などの作業があり1ヶ月程度かかります。
    その間の臭い(腐敗臭)を防ぐため、食べ物の残りを取り除いてから、軽く水で洗浄してください。
    油などの完全に洗浄ができないものは、軽くお湯などですすいでいただければ結構です。
   また、チューブなど水ですすぐことが難しい製品(わさび、歯磨き粉など)につきましては、完全に使い切っていただき、ふたを閉めてそのまま出してください。
   なお、汚れの強いものは可燃ごみに出してください。
 
Q4 白色トレイは、スーパーなどで店頭回収もしていますが、どちらに出せば良いですか?
A4 トレイの店頭回収は、事業者責任でおこなっていますので、なるべく店頭回収をご利用ください。
 
Q5 ラップなどについている商品表示などのシールは取るのですか?
A5 ラベルや値札シール類は、厳密には「プラスチック製容器包装」の対象ではありませんが、はがしにくいものがほとんどですので、そのままで結構です。
 
Q6 ペットボトルは、「プラスチック製容器包装」ですか?
A6 「ペットボトル」と「プラスチック製容器包装」は、リサイクル方法が異なりますので、「プラスチック製容器包装」には出さないでください。
   「ペットボトル(ふたはプラスチック製容器包装へ)」は、今までどおり資源ごみの日に出してください。
 
Q7 大きい発砲スチロール(電化製品の梱包材や魚が入っている箱等)は、「プラスチック製容器包装」ですか?
A7 「プラスチック製容器包装」です。
  必ずプラスチック製容器包装用の町指定収集袋に入れてください。
  袋から出てしまう大きいものは、袋に入る大きさに切って入れてください。

お問い合わせ先
環境課資源廃棄物担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:431、433、434、436)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ