住宅用太陽光発電システム設置補助事業の終了について

更新日:2018年04月02日

住宅用太陽光発電システム設置補助金は平成29年度をもって終了しました

住宅用太陽光発電システム設置補助金は平成29年度をもって終了しました。

このページの以下の記載につきましては、過去に住宅用太陽光発電システム設置補助金の交付を受けた方を対象としています。

財産処分(譲渡、交換、廃棄、貸し付け等)を予定されている方へ

 

住宅用太陽光発電システム設置補助金の交付を受けて設置した住宅用太陽光発電システムについて、電力需給開始日(系統連携日)から、住宅用太陽光発電システム設置補助金交付 要綱に定める保有期間(10年) を経過する前に、 財産の処分(譲渡、交換、廃棄、貸し付け、担保に供する等) を行う場合は、環境課までご連絡ください。

国の補助制度における財産処分の手続き

詳細につきましては、下記のリンク先をご参照ください。

調査のご協力

地球温暖化防止に関する次の取り組みにご協力いただくことがあります。

  • 月々の売電、買電状況の調査協力
  • その他温暖化防止に関する取り組みへの参加等

県の補助について

県の申請先

詳しくは県のホームページをご確認下さい。

県への申請・・・神奈川県 産業労働局 産業・エネルギー部 スマートエネルギー課

ホームページ:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f470193/p611376.html

 

「かながわソーラーセンター」について

神奈川県が設置した「かながわソーラーセンター」では、太陽光発電に関する一般的な相談を受け付けています。

 

住所 神奈川県横浜市中区常盤町3-21 アライアンス関内ビル6階B号室

電話 045-232-4024

かながわスマートエネルギー計画について

かながわスマートエネルギー構想で掲げた次の3つの原則

1 原子力に過度に依存しない

2 環境に配慮する

3 地産地消を推進する

を踏襲し、再生可能エネルギー等の更なる普及拡大、エネルギー利用の効率化、ガスコージェネレーション、燃料電池、蓄電池などのエネルギー高度利用技術及び情報通信技術(ICT)の積極的な活用により、地域において自立的なエネルギーの需給調整を図る分散型エネルギーシステムを構築し、災害に強く環境負荷の小さい地域づくりを推進するとともに、エネルギーの安定供給と関連産業の振興を図り、県経済の発展と県民生活の安定につなげます。

詳しくは、県のホームページをご覧下さい。

 

再生可能エネルギー固定価格買い取り制度について

太陽光、風力、地熱、中小水力、バイオマスなどの再生可能エネルギーの新規設置者の調達価格及び調達期間については、「資源エネルギー庁ホームページ」をご確認下さい。

太陽光発電に関するトラブルについて

太陽光発電システムの普及に伴い、トラブルの相談が多く寄せられています。

 ソーラーシステムの中でも太陽光発電システムは、消費者の環境意識の高まり、補助金制度や固定価格買取制度により、今後さらに普及が進むことが予想されていますが、消費者相談の内容や対処方法について知識を持っておくことが大切です。

 具体的な相談内容としては、

     「電気代がかからなくなる」

   「売電により自己負担がない」

   「太陽光発電システムの設置は義務化する」

といった不実告知とも取れる過剰なセールストークや不正確な説明に関する相談が目立ちます。

また、長時間勧誘や夜間勧誘などの迷惑勧誘や、お得感を過度に強調する、契約を急がす、といった販売方法を受け、

   「業者の信用性や苦情の有無を知りたい」

   「解約したい」

   「クーリングオフの仕方を教えてほしい」

といった相談が多く寄せられています。

 消費トラブルは、町役場町民相談室へご相談ください。

災害により破損した太陽光パネルへの対処について

最近、太陽光パネルの飛散事故が増えており、2015年9月の台風15号の風による事故では、飛散した太陽光パネルにより、多数の住宅や車両を損壊するという被害が発生しました。

 また、破損した太陽光パネルに日光が当たっている場合、パネルや電線の接続部、架台等は、触れると感電する恐れがあります。

 ご自宅に太陽光発電システムを設置された皆様におかれましては、つぎの点についてご注意ください。

 

1.破損したパネルや設備には触れない。

2.感電の恐れのある太陽光発電設備を見かけたら周囲の方へも注意の呼びかけるとともに最寄りの産業保安監督部または経済産業省産業保安グループ(電話:03-3501-1742)に連絡してください。

3.パネルを購入した施工会社やメーカーに対処を依頼してください。

 

 詳細につきましては、環境省で破損した太陽光発電設備の保管及び処理の留意事項についてまとめているので、下記の関連情報(平成28年熊本地震により被災した太陽光発電設備の保管について)をご確認ください。

 また、環境省では、太陽光発電設備等の将来の大量破棄等に備えて、既存の法制度や留意事項といった基本的な事項を整理し、リサイクル等の推進に向けたガイドラインも取りまとめ公表されているので、参考にしてください。

お問い合わせ CONTACT

環境課環境保全担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:432、435)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ