湘南エコウェーブ事業「環境バスツアー」

更新日:2018年11月29日

 平成30年11月6日(火曜日)に 藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町の2市1町で構成する湘南広域都市行政協議会広域環境部会(湘南エコウェーブ)事業の中で、夏休みに行った「親子環境バスツアー」に続き、環境に興味のある大人のみを対象とした「環境バスツアー」を今年も開催しました。

 参加者総勢44人の内10人が寒川町より参加しました。

 今年は、酒匂川流域下水道左岸処理場【酒匂管理センター】(小田原市)と、アサヒビール株式会社神奈川工場(南足柄市)へ見学に行きました。

 当日はあいにくの雨模様でしたが、和気あいあいとした雰囲気の中、きれいな河川や海の維持、ごみの分別の徹底やリサイクルの推進など、私たちが担っていく環境への取り組みや、事業所で行われる先進的な取り組みについて、学習することができました。

酒匂川流域下水道左岸処理場(酒匂管理センター)

酒匂川流域下水道左岸処理場(酒匂管理センター)へ

所長の説明

所長より酒匂川流域下水道について説明していただきました。

反応タンク

下水処理施設内(反応タンク)

空気を送り込んで、汚れを除去する微生物の働きを活性化させています。

最終沈殿池

下水処理施設内(最終沈殿池)

浄化処理が完了し、池の底が見えるほど水がきれいになっていました。この後、消毒して川や海に放流されます。

昼食会場小田原さかなセンター

小田原さかなセンターで昼食をとりました。(自由昼食)

アサヒビール神奈川工場へ

アサヒビール株式会社神奈川工場へ

発酵・熟成の説明

ビールの発酵と熟成の工程について説明を受けました。

缶ビールの生産ライン

缶ビールの生産ライン

高度に自動化された生産システムを見学できました。

環境への取り組み

神奈川工場における環境への取り組み

びんや空き缶などのリサイクルに積極的に取り組むとともに、ごみの排出抑制の取り組みを徹底し、原料や廃棄物の再資源化率100%を達成しています。また、地球温暖化防止対策として、ビールの新たな煮沸法を開発し、二酸化炭素排出量の削減に取り組むなど、事業所として行っている様々な環境への取り組みについて学ぶことができました。

 

 

 「環境バスツアー」参加者のみなさんも説明を真剣に聞いていました。

 来年も開催予定ですので、是非参加してみてください。

 

お問い合わせ CONTACT

環境課環境保全担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:432、435)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ