大気汚染についての解説

更新日:

大気汚染とは、燃料その他のものの燃焼や化学処理、機械処理等によって発生する汚染物質が大気中に排出されることにより、人の健康や生活環境に良くない影響が生じてくる状態をいいます。

大気汚染に係る環境基準

物質・環境上の条件

  • 二酸化硫黄
    1時間値一日平均値が0.04ppm以下であり、かつ1時間値が0.1ppm以下であること一
  • 酸化炭素
    1時間値一日平均値10ppm以下であり、かつ1時間値の8時間平均値が20ppm以下であるこ
  • 浮遊粒子状物質
    1時間値の一日平均値が0.10mg/m3以下であり、かつ1時間値が0.20mg/m3以下であること
  • 光化学オキシダント
    1時間値が0.06ppm以下であること二
  • 酸化窒素
    1時間値の一日平均値0.04ppmから0.06ppmのゾーン内またはそれ以下であること

備考

  1. 浮遊粒子状物質とは、大気中に浮遊する粒子状物質であって、その粒径が10ミクロン以下のものをいう。
  2. 光化学オキシダントとは光化学スモッグの原因物質で、オゾン等の光化学反応により生成される酸化性物質(二酸化窒素を除く)をいう。
     
    寒川町内における大気の常時監視測定
    神奈川県では、県内に測定施設(一般環境大気測定局等)を設置し、大気の状況を把握するために監視測定をしています。
    平成22年6月、寒川町役場に県内18箇所目の常時監視測定局が開局され、環境基準設定項目として、二酸化窒素(N02)、光化学オキシダント(OX)、浮遊粒子状物質(SPM)の3物質、その他の測定項目として一酸化窒素(NO)について常時監視測定しています。

大気常時監視測定結果(速報値)をご覧になる方はこちらから

有害大気汚染物質(ベンゼン等)に係る環境基準

物質・環境上の条件

  • ベンゼン
    1年平均値が0.003ミリグラム/立方メートル以下であること
  • トリクロロエチレン
    1年平均値が0.2ミリグラム/立方メートル以下であること
  • テトラクロロエチレン
    1年平均値が0.2ミリグラム/立方メートル以下であること
  • ジクロロメタン
    1年平均値が0.15ミリグラム/立方メートル以下であること

備考

  1. 環境基準は、工業専用地域、車道その他一般公衆が通常生活していない地域または場所については適用しない。
  2. ベンゼン等による大気の汚染に係る環境基準は、継続的に摂取される場合には人の健康を損なうおそれがある物質に係るものであることにかんがみ、将来にわたって人の健康に係る被害が未然に防止されるようにすることを旨として、その維持又は早期達成に努めるものとする。
     
    寒川町では、常時監視測定の物質を除く6物質について夏期と冬期にそれぞれ1週間連続の一般大気測定を行っています。

野焼きについて

屋外燃焼行為(いわゆる野焼き)は一部例外を除き、「神奈川県生活環境の保全等に関する条例」で禁止されている行為です。
例外(規則で定める燃焼行為)とは次に示すものになります。

  •  農林業者による農林作業に伴い発生した木材、紙、枯れ草等の燃焼
  • たき火等日常生活の中で通常行われる燃焼で軽微なもの
  • キャンプ等の屋外レジャーで通常行われる燃焼で軽微なもの
  • 地域的慣習による催しまたは宗教上の儀式行事に伴う燃焼
  • 消火訓練に伴う燃焼
  • 災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な燃焼

ただし、上記例外の場合でも「みだりに燃焼してはならない」ものとします。

注釈:「みだりに燃焼する」とは、社会通念上正当と認められる理由なく廃棄物等を屋外で燃焼し、黒煙や悪臭等で生活環境に被害を与えるような行為をいいます。

お問い合わせ先
環境課環境保全担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:432、435)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ