水をきれいにしよう

更新日:

わたしたちは、日常の洗濯や炊事などの水仕事で何気なく水を流しています。
ものを洗うときには洗剤を使うのが一般的ですが、洗剤の中には分解性の低いものもあり、河川や湖などに入ったこれらの排水が水質を悪化させる原因の一つとなっています。
こういった汚染を減らすため、神奈川県では昭和59年に「洗剤対策推進方針」を定め、また、「神奈川県生活環境の保全等に関する条例」の規定によって水質改善に対する県民の努力を求めています。

神奈川県洗剤対策推進方針

県民への啓発等による対策

  • 石けん使用の拡大
  • リンを含む合成洗剤等の使用抑制
  • 分解性の低い合成洗剤等から高いものへの転換の推進
  • 洗剤の適正使用、減量使用を図る
  • 洗剤に関する情報の提供

洗剤製造事業者への協力要請

  • リンを含む合成洗剤等の製造中止
  • 分解性の低い合成洗剤等から高いものへの転換の促進
  • 石けんの製造促進
  • 洗剤の適正使用の周知

洗剤販売業者への協力要請

  • リンを含む合成洗剤等の販売中止
  • 石けん等分解性の高い洗剤の店頭配置による消費者の利便を図る国への要望

国への要望

  • リンを含む合成洗剤等の製造・販売中止についての業界への指導
  • 石けんの生産確保及び分解性の高い洗剤への転換に関する業界への指導
  • 洗剤が環境などに与える影響についての調査実施

「神奈川県生活環境の保全等に関する条例」における努力要請

  1. 日常生活において調理くず、廃食用油等を適正に処理する。
  2. 洗剤使用の場合は、「神奈川県洗剤対策推進方針」に基づき、石けんなどの分解性の高い洗剤を適量使用する。
  3. 川や湖、海などにおいて、バーベキューやキャンプ等の野外活動を行うときは、調理した後の油を回収し、また、不要な洗浄、洗濯等をしないようにする。
  4. 下水道が整備されていない地域では合併処理浄化槽の設置(単独処理浄化槽からの転換を含む)に努める。

チラシをご覧ください(PDF:1.1MB)

お問い合わせ先
環境課環境保全担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:432、435)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。