狂犬病予防注射

更新日:

狂犬病予防法は登録制度による飼い主の責任の明確化と、予防注射接種による狂犬病の感染(まん延)防止を図る
ことを目的としています。
狂犬病は日本国内では撲滅されましたが、先進国をはじめ多くの国では、今でも犬猫や家畜はもとより野生動物など
にも発生している病気です。
この病気は、感染した動物に咬まれるなどの被害の発生だけにとどまらず、咬まれた人間にも病気が感染し、さらに
その治療法が見つかっていないことが最大の問題です。
特に、近年では諸外国より様々な動物がペットとして日本に輸入されているという現状があり、いつ国内で狂犬病が
発生してもおかしくない、油断のならない状況となっています。

予防の義務

毎年1回、4月から6月の間に予防注射を接種してください。 (狂犬病予防法第5条による)
町の集合注射会場または獣医師のもとで受けてください。

集合注射

町では、毎年4月に町内8ヶ所で集合注射を行っています。

  • 登録済の方には、3月中旬頃、はがきで通知をします。
  • 初めての方は広報などで日時、場所等をご確認ください。

集合注射料金

 登録済みの場合 
 3,500円
 (注射済票発行手数料550円を含む)
 注射と同時に登録をする場合 
 6,500円
 (注射済票発行手数料550円と登録料3,000円を含む)

注釈:集合注射を受けなかった場合は、獣医師のもとで接種をして下さい。
 この場合、接種後に獣医師から発行される注射済証を、環境課までお持ち下さい。(注射済票を発行します)
 発行手数料として550円(新規登録の場合は別に3000円)が必要です。(獣医師によっては手続きを代行している
 場合もあります)
注釈:獣医師のもとで注射を受ける場合は料金が違うことがありますので各獣医師におたずねください。

最寄りの獣医師が分からない方、かかりつけ医を決めていない方は、
公益社団法人神奈川県獣医師会 茅ヶ崎寒川支部(茅ヶ崎寒川獣医師会)
までお問い合わせください。

お問い合わせ先
環境課環境保全担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:432、435)
ファクス:0467-74-1385
メールフォームによるお問い合わせ