認知症サポーター養成講座について

更新日:

認知症はだれでも発症する可能性のある病気ですが、身近な人の理解や手助けがあれば、穏やかに暮らしていくことが可能です。今後高齢化が進む状況で、地域での支え合いはますます重要となります。
寒川町では積極的に認知症サポーター(認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を暖かく見守る応援者)を養成し認知症理解の普及を図るとともに、地域住民が協力しあう支援の輪を広めたいと考えています。

 

平成27年には認知症高齢者が約900人に

寒川町の高齢者人口は、団塊の世代が65歳以上の年齢層に入る平成27年には約12,000人(高齢化率24.8%)となる見込みです。現在は国の高齢化率を下回る状況ですが、今後5年間で75歳以上の高齢者人口が1.5倍と急速に伸び、国を上回るペースで高齢化が進みます。 
認知症は75歳以上の高齢者に発症しやすい病気なので、寒川町の認知症高齢者は今後ますます増加していきます。現在は約600人(高齢者の6.7%)と推計されますが、平成27年には約900人(同7.3%)となる見込みです。

 

認知症サポーター3,000人を目指す

認知症サポーター養成講座受講者は平成21年12月現在444人です。今後平成27年までに3,000人(年間約500人)のサポーターを養成すると、認知症高齢者1人に対しサポーター3人の体制となります。
数値はあくまで目安ですが、認知症について知っている人が増えることが、「認知症になっても安心して暮らせるまち」を築く第1歩であると考えます。地域で隔たりなくサポーターを増やすため、多くの方の受講をお待ちしています。

 

認知症サポーター養成講座の受講方法

10名以上の受講希望で随時開催します。実施予定日の40日前までに町高齢介護課へ申し込み下さい。詳細は「認知症サポーター養成講座の受講方法」を参考下さい。

 

認知症サポーター養成講座の受講方法(一般用)(PDF:109.4KB)

認知症サポーター養成講座の受講方法(自治会用)(PDF:111.8KB)

 

認知症サポーター養成講座は、厚生労働省のキャンペーン「認知症サポーター100人キャラバン」の一環として実施しています。詳しくは全国キャラバン・メイト連絡協議会のホームページをご覧下さい。

 

認知症サポーター100万人キャラバン画像

全国キャラバン・メイト連絡協議会ホームページへ

お問い合わせ先
高齢介護課介護保険担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:132、133、134、135、136)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。