国民年金保険料の延納・免除

更新日:

延納・免除手続き

保険料の支払が困難なとき

  • 一般の方は、保険料免除制度(全額免除と4分の3免除、半額免除、4分の1免除があります)又は、納付猶予制度(平成28年7月から平成37年6月末までの間は、対象年齢が50歳未満に拡大されました。ただし、平成28年7月1日以前の制度改正前期間の納付猶予申請は、30歳未満の方に適用となります。)をご利用ください。
  • 学生の方は、学生納付特例制度をご利用ください。

どちらも手続きは、役場保険年金課窓口にて申請書に必要事項を記入してください。

 

【申請できる期間】

・過去期間:申請書が受理された月から2年1カ月前(すでに保険料が納付済の月を除く)まで。

・将来期間:翌年6月(1~6月に申請したときは、その年の6月)分まで。

ただし、1枚の申請書で申請できるのは、7月から次の年の6月までの12カ月間となりますので、必要に応じて複数の申請書を提出してください。(免除等の1年度=7月~翌年6月)
 

【手続きに必要なもの】

・年金手帳

・雇用保険受給資格者証又は離職票など(失業等を理由とするとき)コピー可

・印かん

・運転免許証、健康保険証等代理人の本人確認ができるもの(代理人による申請のとき)

・学生証(有効期限が記載されている学生証のコピー可)または在学証明書(学生納付特例申請のとき)

 

*詳しくは、日本年金機構のHPをご覧ください。

日本年金機構

お問い合わせ先
保険年金課年金担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:124)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ