浸水防止施設設置補助事業

更新日:

浸水防止施設設置補助金制度について

近年、短時間で局所的に降る大雨、いわゆる”ゲリラ豪雨”が全国で発生しています。

町でも昨年の台風18号においては1時間当たり50ミリを超える集中豪雨により、町内各所で浸水被害が発生しました。

このため、町では浸水による住宅の被害を軽減するための浸水防止施設の設置に対して、その費用の一部を補助する制度をはじめました。

交付要綱 (PDF:96.7KB)

補助対象者

・ 寒川町内に住居を所有している方

・ 町民税等を滞納していない方

補助対象建築物

・ 戸建て住宅

・ 集合住宅(アパート、マンションなど)

店舗は補助の対象となりません。住居兼店舗の場合、住居部分への設置のみが対象となります。

補助対象工事

・ 浸水防止施設(止水板など)の設置

止水板 ・・・ 台風や集中豪雨時の浸水を防ぐため、建物の入口などに設置する板

・ 関連工事

浸水防止効果を補完し又は高めるため、浸水防止施設の設置と同時に実施する工事

(例)外壁のコンクリート布設、ブロック積など

補助金額

・ 経費の3分の1 (上限10万円)  注意:千円未満切り捨て

申請の流れ

まずは危機管理課まで事前にご相談ください。

その後、次の申請書類をご提出ください。

1.寒川町浸水防止施設設置補助金交付申請書

交付申請書 (PDF:81.4KB)

2.工事設計図(位置図、平面図、構造図、浸水防止効果証明書等)

3.工事見積書

4.土地及び住宅の登記事項証明書

5.住民票(申請日から遡って半年以内に発行されたもの)

6.その他町長が必要と認めた書類

申請後の手続き

審査後、該当者には交付決定通知書、非該当者には不交付決定通知書を発行します。

工事は決定通知書の内容を確認してから着手してください。

なお、工事内容の変更又は中止する場合は、次の書類の提出が必要となります。

1.寒川町浸水防止施設設置工事(変更・中止)承認申請書

変更・中止承認申請書 (PDF:65.1KB)

2.工事設計図、工事見積書等変更の内容を証する書類(変更の場合のみ)

3.その他町長が必要と認める書類

工事完了後の流れ

次の実績報告書類を危機管理課へ提出してください。

1.寒川町浸水防止施設設置工事完了届

工事完了届 (PDF:64.9KB)

2.着手前・工事中(設置状況等)・竣工時の工事写真

3.工事に係る請求書及び明細書

4.その他町長が必要と認める書類

お問い合わせ先
町民安全課災害対策担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:283、284)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。