感震ブレーカーについて

更新日:

地震後に発生することが多い火災の原因の多くには、電気が関わっています。

阪神・淡路大震災では、火災の発生原因の6割以上が電気によるものとされています。

感震ブレーカーとは、設定値以上の震度の地震が発生した時に自動的に電気の供給を遮断するものであり、各家庭に設置することで出火を防止し、他の住宅等への延焼を防ぐことで、被害を大きく軽減することができます。

通電火災防止装置(PDF:352.4KB)

お問い合わせ先
町民安全課災害対策担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:283、284)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。