平成24年7月9日から外国人住民の方の登録制度が変わりました

更新日:

平成21年7月15日に「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」及び「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が公布されました。
これにより、平成24年7月9日をもって外国人登録制度は廃止され、外国人住民も日本人と同じ住民基本台帳に登録されるとともに、いろいろな手続きや届出の方法が変わりました。

外国人住民の方も住民票が作成されます

新しい制度では、外国人住民についても住民基本台帳法の適用対象に加えられることになり、日本人と同様に住民票が作成されます。
外国人登録法の廃止に伴い、これまで寒川町で発行していた「外国人登録記載事項証明書」は発行できなくなりました。

住民票に記載される外国人

適法に3ヶ月を超えて在留する外国人の方で、住所を有する方のみになります。

  1. 中長期在留者(在留カード交付対象者)
  2. 特別永住者
  3. 一時庇護許可者または仮滞在者
  4. 出生による経過滞在者または国籍喪失による経過滞在者

住民票に記載されない外国人

  1. 3ヶ月以下の在留期間が決定された方
  2. 「短期滞在」の在留資格が決定された方
  3. 「外交」又は「公用」の在留資格が決定された方
  4. その他法務省令で定めるものに該当する方
  5. 在留資格を有しない方(在留資格や期間の更新許可、変更許可等を町に届け出ていない方を含む)

注意:外国人登録をされていた方で平成24年7月8日時点で以下の1から5にあてはまった方は住民票記載の対象外となっております。

「在留カード」「特別永住者証明書」が交付されます

これまでの「外国人登録証明書」に代わり、中長期在留者には「在留カード」が、特別永住者には「特別永住者証明書」が交付されます。
いまお持ちの外国人登録証明書は、下表の期間までは「在留カード」「特別永住者証明書」とみなされますので、それまでは引き続き所持してください。 

  • 特別永住者 
    16歳以上
    外国人登録証明書の「次回確認(切替)申請期間」の初日が新制度導入後
    ・3年以内の場合は3年間(2015年7月8日まで)
    ・3年を超える場合は「次回確認(切替)申請期間」の初日まで 
    16歳未満
    16歳の誕生日まで
    注意:特別永住者証明書への切替え手続きは、町民窓口課で行ってください
     
  • 永住者
    16歳以上
    新制度導入後3年間 (2015年7月8日まで)
    16歳未満
    3年または、16歳の誕生日のいずれか早い日まで
    注意:在留カードへの切替え手続きは、地方入国管理局で行ってください。
     
  • それ以外の在留資格の方
    16歳以上
    在留期間の満了日まで
    注釈:入国管理局において在留資格の変更や在留期間の更新などの許可を受けた際に、在留カードが交付されます。
    16歳未満
    在留期間の満了日までまたは、16歳の誕生日のいずれか早い日まで
    注意:在留カードへの切替え手続きは、地方入国管理局で行ってください。

各種の届出・申請の方法が変わります

  • 在留カードの有効期間更新申請、再交付申請
  • 氏名、生年月日、性別、国籍の変更に関する届出
    注意:上記の申請は地方入国管理局への届出となり、寒川町では受け付けられません。
     
  • 住所の変更に関する届出
    他市区町村に住所を異動する場合、日本人と同様に「転出届」が必要になります。
    国外に転出する場合も、再入国許可の有無に関わらず、「転出届」が必要です。
    届出の際には世帯全員の「在留カード」または「特別永住者証明書」をお持ち下さい。

注意:特別永住者の方は従来通り、町民窓口課で受け付けます。

制度についてさらに知りたい方へ

詳しい内容については、下のリンクを確認してください。

また、法改正以前の情報について必要な場合は、寒川町では発行できませんので下のリンクを確認の上、法務省に相談してください。

入国管理局ホームページへ

総務省ホームページへ

外国人登録原票に係る開示請求について

お問い合わせ先
町民窓口課総合窓口担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:171、172、173、174、175)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ