3歳6か月からの食事と生活リズム

更新日:2021年05月13日

栄養士

ほとんど大人と同じものが食べられるようになりますが、かたちは小さめに、味はうすめにしましょう

食事から生活リズムを身につけましょう

生活リズムは親が作りましょう

3歳~生活リズム

朝早く起きて、朝ごはんをしっかり食べましょう

  • 朝ごはんと朝の光で身体は目覚めます
  • 朝ごはんは8時までにすませます。起きてすぐは食欲がないこともあるので、早めに起こしましょう

食事はお腹がすいたタイミングで食べられるように時間を決めましょう

  • 決まった時間に食べると生活リズムがつき、お腹のすくリズムもできます
  • 外遊びなど身体をいっぱい動かしてお腹をすかせましょう

   1日にこれくらい食べましょう(PDFファイル:554.3KB)

おやつは時間を決めて

  • おやつは食事の2時間前にはすませましょう

夜9時半までにはお布団に

  • 寝ている間に分泌される骨や筋肉の成長を促すホルモンは、夜10時以降にたくさん分泌されます
  • 睡眠時間はお昼寝とあわせて11から12時間になるようにしましょう 

食べ物と触れ合う機会を増やそう

子どもにとって新しい食べ物は、未知のもので、本能的に警戒するものです。

  • 食卓に何度も出すことによって、だんだん興味をもちます
  • いっしょに食べる人がおいしそうに食べる姿を見せてあげましょう
  • 買い物の際に野菜や魚などいろいろな食材を見せましょう
  • 野菜を育てたり、収穫してみましょう
  • 食べ物の絵本を読んでみましょう
  • おもちゃの食品で調理ごっこをしてみましょう

お手伝いを通じて食への興味を広げましょう

お手伝いのポイント

  • 年齢に合わせたお手伝いを頼む
  • 頼むことはひとつにしぼる
  • 失敗してもしからない
  • 成功したら、大いにほめる

 目安

  • 3歳・・かき混ぜる、玉ねぎの皮をむく
  • 4歳・・皮むき器で皮むき、型抜き
  • 5歳・・卵を割る、餃子を包む
  • 6歳・・野菜を包丁で切る 

かむ力を育てましょう

上下20本の乳歯がそろいます。かみ合わせも完成し、かむ力もアップします

かみごたえのある食材を加えながら、かむ力を育てましょうご飯食べる男の子

よくかむことで

  • かみ切れる食べ物が増え、苦手食材が減ります
  • 満腹中枢を刺激して食べすぎを防ぎます
  • あごの骨の発達を助け、歯がきれいに収まり歯並びがよくなります
  • だ液がたくさん出て、口の中をきれいにするので虫歯予防になります
  • 脳神経の刺激を活発化し、脳の発達を促します

栄養たっぷりレシピ

この時期に大切な、たんぱく質、カルシウム、鉄、食物繊維をたっぷり含んだレシピのご紹介

 

肉団子と青菜の春雨クリーム煮(PDFファイル:230.7KB)

 

お問い合わせ CONTACT

子育て支援課のびのびすくすく担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:164、165、166)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ