1歳6か月からの食事と生活リズム

更新日:2021年05月13日

栄養士

この時期は食べ方を覚える時期。様子を見ながら食材の大きさや固さを変えていきます。味付けは大人の半分くらいにし、色々な食材を使って味覚を広げましょう

食事から生活リズムを身につけましょう

生活リズムは親が作りましょう

  • 大人の時間に合わせるのではなく子ども時間に合わせましょう
1~2歳の生活リズム

朝早く起きて、朝ごはんをしっかり食べましょう

  • 朝ごはんと朝の光で身体は目覚めます
  • 朝ごはんは8時までにすませます。起きてすぐは食欲がないこともあるので、早めに起こしましょう

食事はお腹がすいたタイミングで食べられるように時間を決めましょう

  • 決まった時間に食べると生活リズムがつき、お腹のすくリズムもできます
  • 外遊びなど身体をいっぱい動かしてお腹をすかせましょう

おやつは時間を決めて

  • おやつは食事の2時間前にはすませましょう

夜9時半までにはお布団に

  • 寝ている間に分泌される骨や筋肉の成長を促すホルモンは、夜10時以降にたくさん分泌されます
  • 睡眠時間はお昼寝とあわせて12~14時間になるようにしましょう 

たのしく食べよう

「いただきます」、「ごちそうさま」で食事と遊びの時間を区切りましょう

「自分でやりたい!」その気持ちを大切に

  • 食事開始5分間位は、手出し口出しをしないように見守りましょう
  • 上手にできなくても、温かく見守りましょう
  • スプーンやフォークに興味を持ったら練習を開始してみましょう
  • 個人差がありますので親が焦って無理強いしないように心がけましょう

家族で楽しく食卓を囲みましょう

  • 会話を楽しみながら「食事をするのが楽しい」と感じられるような雰囲気を心がけましょう
  • 大人がマナーの手本になるようにしましょう

おいしく食べよう

「3食」+「おやつ」でしっかり食べましょう

  • 「毎日の健康維持」、「著しい成長」の両方に栄養が必要です
  • おやつは1日3食では足りない栄養素や水分を補う「軽い食事」と考えます

1日にこれくらい食べましょう(PDFファイル:374.6KB)

苦手な食品がでてきます 

  • 1回食べなくても「嫌い」と決めつけないで。食べなくても、食卓には並べるようにしましょう
  • 無理強いせずに、親がおいしそうに食べる姿を見せたり、「おいしいよ」と声掛けしましょう
  • 1~2歳児には食べにくい食品があります。味が嫌いではなく、食べにくいことで「イヤ」になってしまうことがあります。形や調理法を工夫すると食べられるようになります

1~2歳児の食べにくい食品例(PDF:208.2KB) 

食べやすい環境で食べよう

からだのバランスをとりながら座ることと、食べることを一緒に行うのは難しいと言われています。体格にあった椅子とテーブルを準備してあげましょう

テーブルの高さは手がテーブルにのるくらい

  • 手が自由に動かせることで自分で食べやすくなります食事姿勢

足は床や補助版につくように

  • 足だけでなくあごにも力が入れられ、しっかり噛んで食べることができます
  • 椅子の高さを調節したり、クッションや厚めの雑誌などを使い足がつくようにしてあげましょう

体にあった椅子を

  • 体が安定しない椅子では食事に集中するすとはできません。クッションやタオルなどで体を安定させてあげましょう

家族一緒のお料理レシピ

マーボー豆腐

お問い合わせ CONTACT

子育て支援課のびのびすくすく担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:164、165、166)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ