令和2年国勢調査調査員を募集します

更新日:2020年02月05日

国勢調査とは

 国勢調査は、日本国内に住んでいるすべての人と世帯を対象とする国の最も基本的な統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、5年ごとに行われます。
 国勢調査から得られる結果は、国や地方公共団体における様々な施策の立案・推進に利用されるだけでなく、民間企業や各種団体における需要予測、経営管理などを行うための活用や、学術・研究機関における研究のための活用など、各方面で幅広く活用されています。

国勢調査の概要

調査員の仕事内容

主な仕事の流れは次のとおりです。

  1. 調査員事務説明会への出席
    町が実施する説明会(約2時間)に参加し、調査の進め方などの説明を受けます。
  2. 担当する調査区(地域)の確認
    担当する調査区の範囲や調査対象世帯の確認を行います。1調査区あたりの調査対象世帯数は約40~70世帯程度ですが、地域によっては増減する場合もあります。
  3. 調査内容の説明と調査書類の配布(調査対象世帯を訪問)
    担当する調査区内の調査対象名簿を作成後、調査票の記入依頼および配布をします。
  4. 調査票の回収(調査対象世帯を再訪問)
    「インターネット回答」ができない世帯に対して、調査票の回収を行います。
  5. 調査関係書類の整理および提出
    調査票など調査関係書類を取りまとめ、町へ提出します。

注意

現在新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、調査員と世帯が直接接触しない調査方法を検討しています。今後、仕事内容が変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

国勢調査2020 動画でみる国勢調査員の仕事「100 年目の私たちは-」

国勢調査員とは

調査員の任命期間

令和2年8月下旬から10月下旬(予定)

調査員の身分

 国(総務大臣)から任命される「非常勤の公務員」で、万が一、調査活動中に事故等にあった場合は、公務災害補償が適用されます。
 調査員には「守秘義務」があり、調査活動中に知り得た秘密の保持、調査票の厳重な管理などが求められます。

調査員の報酬

前回(平成27年)の金額

1調査区(40~70世帯)を担当した場合:約39,000円(参考)

注意

  • 最終的には、担当した調査区の世帯数などにより、報酬金額が異なります。
  • 特に申し出がなければ2調査区を担当していただきます。

応募要件

  • 満20歳以上の健康な方
  • 最後まで責任を持って調査員の事務ができる方
  • 調査で知り得た秘密の保持を厳守できる方
  • 選挙(立候補者・選挙事務所職員)、警察に関係しない方
  • 暴力団その他の反社会的勢力と関係を有しない方

注意

  • 調査員は法律上「兼職」が認められていますが、すでにお勤めされている方は、事前に勤務先の意向や必要な手続きなどを確認しておいてください。

応募方法

企画部広報戦略課統計マーケティング担当へ直接、郵送、ファックス、電話、Eメールでお申込みください。

  • 直接の場合
    「令和2年国勢調査調査員登録書」に記入の上、ご持参いただき、10分程度の簡単な面談をいたします。
  • 郵送、ファックスの場合
    「令和2年国勢調査調査員登録書」に記入の上、ご提出いただき、別途面談をいたします。
  • 電話、Eメールの場合
    「令和2年国勢調査調査員登録書」の内容をお知らせいただき、別途面談をいたします。

注意

  • 面談後、選考結果を連絡いたします。
  • 定員(約200名)に達し次第、募集を締め切ります。

お問い合わせ CONTACT

広報戦略課統計マーケティング担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:231)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ