消費生活関連情報

更新日:

注意喚起

 

 

 

【「誰でもたった1分で1万円の現金をラクラクGET!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者に注意】

 平成29年11月以降、「誰でもたった1分で1万円の現金をらくらくGET!」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。簡単なアンケートに答えるだけで一問1万円が稼げると、インターネット上のSNS等で勧誘してきます。しかし、アンケートに回答して多くの収益を得るためには多額の入会金が必要となります。入会後、課題に取り組むよう指示されますが、「課題の質問に対する回答内容が悪い」などと理由をつけて、回答のやり直しを繰り返し、消費者が意欲を無くし課題を途中で投げ出すように仕向けてきます。消費者に提供したアンケートの回答に報酬を支払う企業は存在せず、本件業務で稼いでいる人は1人もいませんでした。

 次のリンクをご参照ください。

 「誰でもたった1分で1万円の現金をラクラクGET!」などとうたい多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起 (PDF:527.6KB)

【インターネット通販で購入した製品の事故に注意】

 インターネットの急速な普及により、国内に限らず海外からも簡単にインターネット通販であらゆる製品を購入できるようになりました。これに伴い、インターネット通販で購入した製品による事故や健康被害の報告も増加しています。インターネット通販で製品を購入するときは「購入ボタン」をクリックする前に、購入先の連絡先や返品条件を確認しておきましょう。

 次のリンクをご参照ください。

 インターネット通販で購入した製品の事故に注意ー事故や健康被害が起きるかも!購入前に連絡先や返品条件を確認していますか?ー (PDF:495.9KB)

【電動シャッター動作時の事故に関する注意喚起について】

 電動シャッター動作時に死亡又は重傷を負った事故は、平成13年6月から平成29年9月末までに28件発生しています。シャッターカーテンに挟まれたり、落下するシャッターカーテンに当たったりすると重大な事故につながる危険性が高く、28件の事故により14人が死亡、15人がけがをしています。

 日常点検や定期点検を実施し、可能な限り安全装置を取り付けるなど、事故を未然に防ぎましょう。

 次のリンクをご参照ください。

 電動シャッター動作時の事故に注意! (PDF:363.4KB)

【サブリースに関する注意喚起について】

 アパート等のサブリース契約に関するトラブルにご注意ください。

 次のリンクをご参照ください。

   オーナー向け注意喚起 (PDF:704.5KB)

   入居者向け注意喚起 (PDF:234.1KB)

【仮想通貨に関するトラブルにご注意ください!】

 インターネットを通じて電子的に取引される、「仮想通貨」をめぐるトラブルが増加しています。また、仮想通貨の交換と関連付けて投資を持ち掛け、トラブルとなるケースが増えています。消費者庁では、これまでに全国に寄せられている主な相談事例、取引を行うかどうか検討する際や、仮想通貨に関する不審な電話、メール、手紙、訪問等についての注意喚起を公表しています。

 次のリンクをご参照ください。

 「仮想通貨に関するトラブルにご注意ください!」 (PDF:403.2KB)

【「スマホをタップするけでお金が稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に注意】

 平成30年4月以降、「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたう事業者に関する相談が各地の消費生活センター等に数多く寄せられています。

 SNS等の広告で消費者を勧誘し、初期費用を払わせます。初期費用を支払った消費者に対し、情報商材をメールで送信します。情報商材には本件ビジネスが商品を安く仕入れて高く売る「せどり」であることが記載されており、消費者は、この時初めて本件ビジネスの内容を知ることになります。消費者は、その商品がより安く販売されている海外の通信販売業者等から仕入れて、大手通信販売サイトでその商品を出品し、利益を得ようと試みますが、個々の商品の売れ行きは顧客の判断に依存するため、初心者が簡単に稼げるような仕組みにはなっていません。

 次のリンクをご参照ください。

 「スマホをタップするだけでお金が稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起 (PDF:299.6KB)

 簡単に高額収入を得られることを強調する広告や宣伝には、特に注意が必要です。

【個人輸入した無承認無許可医薬品による健康被害(疑い)の発生について】

 「ヤンヒーホスピタルダイエット」と称する製品をタイから個人輸入し、服用していた女性が、甲状腺機能亢進や低カリウム血症の症状で入院しているとの連絡が静岡県保健所にありました。「ホスピタルダイエット」や「MDクリニックダイエット」等と称される製品については、平成14年以降、複数の都府県から死亡事例を含む健康被害の報告があります。これらに該当する製品を服用している方は直ちに服用を中止し、健康被害が疑われる場合は速やかに医療機関を受診し、最寄りの保健所にご連絡ください。

 次のリンクをご参照ください。

 「ヤンヒーホスピタルダイエット」と称される製品による健康被害が発生しました (PDF:365.3KB)

 

【ご注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落!】

 高齢者の事故のうち、「転倒・転落」によるものは「死亡者数」、「救急搬送者数」ともに高く、毎年継続的に発生しています。高齢者の転倒・転落事故を防止するために、生活環境、身体の状態、事故時の対処方法を確認しておきましょう。

 次のリンクをご参照ください。

  ご注意ください!日常生活での高齢者の転倒・転落! (PDF:398.5KB)

【「画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に注意】

 インターネット上の広告でウェブサイトに誘導し、画像選択がベースの簡単な作業なので機械操作が苦手でも稼げるなどと記載し、消費者へ登録を促します。動画生成管理システムにより、消費者は動画を動画共有サイトに投稿するなどして、再生回数に応じた広告収入を得ようと試みますが、再生回数は個々の閲覧者の判断に依存するため、誰もが簡単に稼げるような仕組みにはなっていません。

 次のリンクをご参照ください。

 「画像選択がベースの簡単な作業でお金を稼げる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起 (PDF:304.3KB)

 虚偽の体験談を用いて、誰でも簡単に稼げることをうたう業者も存在しますので、少しでも怪しいと思ったら、すぐに契約をしないでください。

【「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日1万円収入の最低保証」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に注意】

 メールマガジンなどの広告で、金と銀のプロジェクトへ消費者を誘導し、参加料を支払わせます。その後、さらに高額なコースへ勧誘し、運用のための機器使用料も追加で支払わされますが、実際には、毎日最低1万円の収入が保証される仕組みにはなっていません。

 次のリンクをご参照ください。

 「金と銀のプロジェクトに参加するだけで、毎日最低1万円収入の最低保証」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起 (PDF:617.2KB)

   何もしなくても収入が得られる、収入が保証される、という説明があったときは、まずは疑い、甘い言葉に決してだまされないでください。

 

【「毎月最低30万円分のビットコインを受け取り続けることができる」などとうたい、多額の金銭を支払わせる事業者に注意】

 インターネット上には、誰でも簡単に稼げるような表現を用いて、仮想通貨に関連付けた投資を募る業者が多く存在します。費用を支払ったものの、想定していた収益が得られなかったなどとする相談が多く寄せられています。

  次のリンクをご参照ください。

 「毎月最低30万円分のビットコインを受け取り続けることができる」などとうたう事業者に関する注意喚起 (PDF:284.3KB)

  簡単に大金が得られるような表現は、まずは疑い、契約をする前に冷静に考えましょう。

 

【「オーナー制度」と称する取引に関し、多額の支払遅延を発生させている株式会社ケフィア事業振興会に注意】

 ケフィアは高い利子を付けて買戻代金を支払うなどとして、消費者にとって魅力的な取引を持ちかけますが、数百億円もの支払遅延を発生させていることを考慮して、リスクを十分に検討してください。

 次のリンクをご参照ください。

 株式会社ケフィア事業振興会に関する注意喚起 (PDF:152.4KB)

 高額な利子など、他の取引と比較して非常に有利な条件の取引は、消費者にとって相当程度のリスクがある場合があります。そのような取引を行う場合には、リスクも十分に検討してください。

 

【ハガキ、SMS(ショートメッセージサービス)を使った架空請求に注意】

 「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」等の題名で、訴訟や差し押さえを行うとほのめかす架空請求ハガキ、「有料動画の未納料金があります」と実在する事業者をかたる架空請求のSMSに関する相談が急増しています。このようなハガキやメッセージが届いた場合は、連絡をせず、無視してください。

 次のリンクをご参照ください。

 ハガキ、SMSによる架空請求に注意 (PDF:571.1KB)

 

ご心配な方は、寒川町消費生活相談室(毎週月・木曜日、午前10時~午後4時、0467-74-1111内線255)もしくは寒川町町民窓口課(0467-74-1111内線254)までご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ先
町民窓口課町民相談担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:253、254)
ファクス:0467-74-2833
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。