自殺対策

更新日:

3月は自殺対策強化月間です

こころとくらしの相談会(要予約)

 地域自殺対策の一環として、神奈川県及び茅ヶ崎市主催、寒川町共催により、県民を対象に多職種が一堂に会して相談を受ける「平成30年度 第2回地域自殺対策包括相談会『こころとくらしの相談会』」を開催することとなりました。「どこに相談したらよいかわからない」・・・そんな悩み事はありませんか?相談は事前申込制です。

《こんな方におすすめ》です!!

・こころの病について相談したい方

・職場のことでお悩みの方

・多重債務や生活苦でお困りの方 など様々な相談をお受けします。

 

 【日時】

  平成31年3月19日(火曜日)17時00分~19時00分

 【会場】

  茅ヶ崎市保健所

 【内容】

  包括相談会(こころとくらしの相談会)

   2人1組(複数職種)で相談に対応

   1相談あたり50分

 【対象】

    県民12人(組)

 【相談料】

   無料

 【相談員】

   司法書士・社会福祉士・精神保健福祉士・臨床心理士・社会保険労務士・

      生活再建相談員・行政職員 など

 【申し込み方法】

   3月15日(金曜日)までに、茅ヶ崎市保健所保健予防課へ電話またはファクスでお申し

    込みください。

   <茅ヶ崎市保健所保健予防課>  電話:0467-38-3315

                                                        ファクス:0467-82-0501

     ファクスでお申し込みの際は、氏名(ふりがな)、電話番号、お住いの市町村、相談希

     望時間  (17時~、もしくは18時~)、相談内容について記入の上、送信してくださ

   い。 

 

下記のリンクをご参照ください。

 こころとくらしの相談会チラシ (PDF:2.2MB)

 

 

自殺予防のために

 日本全国の自殺者数は、年間2万1千人余りを数え、交通事故で亡くなる方のおよそ6倍になります。神奈川県でも年間でおよそ1200人もの人が自殺で亡くなっています。寒川町では増加、減少があるものの、毎年10名近くの大切ないのちが自殺で失われています。そのため町民に対して、自殺予防に関する認識を深め、「気づき」、「つなぎ」、「見守り」ができるよう、普及啓発活動を実施しています。

<自殺予防のための行動>

  • 気づき 家族や仲間の変化に気づいて、声を掛ける
  • 傾聴  本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける
  • つなぎ 早めに専門家に相談するよう促す
  • 見守り 温かく寄り添いながら、じっくりと見守る

厚生労働省 自殺予防週間

自殺予防対策街頭キャンペーン(終了しました)

  「気づいてください 体と心の限界サイン」

 9月10日の世界自殺予防デーにちなんで、毎年9月10日から16日までの一週間を自殺予防週間としています。自殺対策を普及啓発するため、街頭キャンペーンを実施します。
当日は、町職員、茅ヶ崎市保健所職員により、自殺予防を呼びかけます。
  
日時  平成30年9月13日(木曜日)午後5時30分~午後6時30分 

     (注意)終了時間は早まる場合があります。

        
場所  寒川駅、宮山駅、倉見駅の改札前

お問い合わせ先
町民窓口課町民相談担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:253、254)
ファクス:0467-74-2833
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。