個別予防接種(こども)

更新日:2020年04月01日

ロタウイルスワクチンが定期予防接種になります。

ロタウイルス胃腸炎の重症化を予防する、ロタウイルスワクチンの接種が、令和2年10月1日から定期予防接種となり、原則として無料で受けられます。

接種時期については、医師とご相談のうえご判断ください。

 

対象 令和2年8月1日以降に生まれたお子さん。

注意 赤ちゃん訪問等でお配りしている「予防接種と子どもの健康」を必ず読んでから受診してください。

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも飲むタイプの生ワクチンです。医療機関で相談し、どちらかのワクチンを選んでください。2種類とも、効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なります。特別な事情がない限り、途中で種類の変更はできません。

 

ロタリックス

接種時期 出生6週から24週 初回接種は、生後2か月から出生14週6日まで

接種回数 27日以上の間隔をあけて2回

 

ロタテック

接種時期 出生6週から32週 初回接種は、生後2か月から出生14週6日まで

接種回数 27日以上の間隔をあけて3回

 

接種後の注意

どちらのワクチンでも、接種後1から2週間は、泣いたり不機嫌になったりを繰り返したり、ぐったりして顔色が悪くなる、嘔吐を繰り返すなどの症状が見られた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

ロタウイルスワクチンを接種した医療機関とは別の医療機関を受診する場合は、、必ずこのワクチンを接種したことを医師などに伝えてください。

 

 

 

予防接種の種類と対象者

B型肝炎

生後直後から1歳未満

 標準的な接種開始時期は生後2か月から

  • 1回目接種から27日(4週)以上あけて2回目を接種
  • 1回目接種から139日以上(標準的には20週から24週)あけて3回目を接種

母子感染予防のために接種を受ける場合は引き続き保険適応のため、定期接種の対象外となります。

 

水痘(水ぼうそう)

 生後12か月から36か月未満

初回接種 1回接種。標準的接種期間は、生後12か月から15か月

追加接種   初回接種後3か月以上(標準的には6か月から12か月)あけて1回接種 

      

BCG(結核予防)

生後直後から生後12か月未満に1回接種

標準的接種期間は、生後5か月から8か月

 

不活化ポリオ:生後3か月から90か月未満

生後3か月から90か月未満

1期初回 標準的接種は3か月から12か月の間に20日から56日間の間隔で3回接種

1期追加 初回の3回目接種後6か月以上(標準的には12か月から18か月)の間隔をあけて1回接種

 

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

生後3か月から90か月未満

1期初回 標準的接種は3か月から12か月の間に20日~56日間の間隔で3回接種

1期追加 初回の3回目接種後6か月以上(標準的には12か月から18か月)の間隔をあけて1回接種

 

二種混合(ジフテリア・破傷風)

11歳から13歳未満
 標準接種は小学校6年生

 注釈:乳幼児期の三種混合(1期)で出来た免疫の効果を高めるために接種します。

 

麻しん・風しん(MR)混合(はしか・三日ばしか)

1期  12か月から24か月未満に1回接種 

2期  平成26年4月2日から平成27年4月1日生まれ
          小学校就学前の1年間に1回。令和3年3月31日迄に接種を済ませてください。

 注釈:3期、4期は平成24年度で終了しました。

 

日本脳炎

 1期  生後6か月から90か月未満

初回  標準的には3歳から4歳の間に 6から28日間の間隔で2回接種

追加  初回の2回目接種後6か月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて1回接種
           
 2期  9から13歳未満 1回接種

  注釈:平成12年4月2日から平成19年4月1日生まれまでの人で、接種勧奨が差し控えられたことで接種できなかった回数について、20歳未満であれば特例対象として接種できます。また、平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの人は、1期不足分を2期の年齢(9歳から13歳未満)で接種できます。7歳6か月から9歳未満は定期接種にはなりませんのでご注意ください。

 

ヒブ(インフルエンザ菌b型)

生後2か月から5歳未満

 

2から7か月未満に接種を開始した場合の受け方(標準的な接種期間)

 初回 27から56日の間隔をあけ、3回接種

 注意:初回接種は生後12か月未満までに終了しましょう。
 

 追加 初回の3回目接種後、7か月上(標準的には7から13か月)の間隔で1回接種

 

7から12か月未満で初めて接種する場合の受け方

初回 27から56日の間隔をあけ、2回接種 

追加 初回の2回目接種後、7か月上(標準的には7から13か月)の間隔で1回接種

 

1から5歳未満で初めて接種する場合の受け方

 1回接種で終了

 

小児用肺炎球菌

生後2か月から5歳未満

 

2から7か月未満に接種を開始した場合の受け方(標準的な接種期間)

初回 27日間以上の間隔で、3回接種。初回接種の3回は生後24か月未満までに行い、生後24か月を超えた場合は行わないでください。また、2回目の接種が1歳を超えた場合、3回目の接種は行わないでください。 

追加 初回の3回目接種から60日間以上の間隔をおいて、かつ生後12か月齢以上(標準的には12か月以上15か月未満)に1回接種。

 

7から12か月未満で初めて接種する場合の受け方

初回 27日以上の間隔で、2回接種 

追加 初回の2回目接種後、60日間以上あけて、かつ1歳以降に1回接種

 

1から2歳未満で初めて接種する場合の受け方

 1回目接種後、60日間以上おいてから2回目を接種

 

2から5歳未満で初めて接種する場合の受け方

 1回接種で終了

 

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)

 

平成25年6月14日から、積極的勧奨は中止しています。詳しくは、子宮頸がんワクチン予防接種に関する重要なお知らせをご覧ください。

定期接種としてワクチン接種を希望される方は、接種前に子育て支援課へご相談ください。

 

 

予防接種は、接種を受ける法律上の義務はありません。各予防接種の効果(メリット)と、副反応症状(デメリット)などを良く理解して、自らの意思で接種を希望する人のみに接種を行うものです。

 

 

 

こどもの予防接種実施医療機関

 

こどもの予防接種実施医療機関名簿は、こちらからご確認ください

 

 

お問い合わせ CONTACT

子育て支援課のびのびすくすく担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:164、165、166)
ファクス:0467-74-5613
メールフォームによるお問い合わせ