住宅リフォーム等建築工事推進助成事業

更新日:2022年03月28日

住宅リフォーム等建築工事推進助成事業表紙

住宅リフォーム助成制度について

寒川町では、地域経済の活性化や定住促進を目的に、町内の施工業者を利用して住宅リフォーム等の建築工事を行う場合に、その費用の一部を助成します。

事業の概要

【助成対象者】

 ・寒川町に住民登録している人
 ・申請者が対象住宅に居住していること(新築の場合は除く)
 ・町税等の滞納がないこと(対象住宅居住者全員)

 注意:過去に助成を受けた方でも前回から10年度を経過している場合につきましては
    再度助成を受けることができます。
            令和4年度では平成24年度以前に交付を受けた方も再度の申請が可能です。

【助成対象住宅】

 ・町内にある個人住宅及び建築予定の住宅
 ・マンション等の自己占有部分
 ・店舗併用住宅は、居住部分(居住部分の面積を按分)

【助成対象となる工事】

 ・住宅リフォーム(新築・改修・増築)工事
 ・工事請負業者が町内の業者であること
 ・他に同様の補助を受けていない工事であること
 ・令和5年3月17日(金曜日)までに工事が終了し、完了報告を提出できるもの

 注意:交付決定前に着工された事ついては補助対象外なります(要事前申請)

【助成金額】

 20万円(消費税を除く)以上の助成対象工事の5%(パーセント)(上限3万円)

 

【助成方法】

  助成金額相当の寒川町共通商品券を交付

受付期間】

 ・令和4年4月1日(金曜日)より先着

 ・受付時間:午前8時30分から午後5時00分(土日祝日を除く)

 注意:交付見込み額が予算に達した時点で受付を終了します。
 

申請の流れ

次の申請書類を受付期間内に産業振興課へ提出してください。(業者代行可)

  申請に必要な書類

 1.助成事業交付申請書(個人情報に関する同意書含む)
 2.建築工事にかかる見積書の写し
 3.建築工事請負契約書の写し
 4.建築工事図面
 5.着手前のカラー写真(A4用紙にのり付け等をして提出してください)
 6.その他町長が必要と認めるもの

申請後の手続き

審査後、該当者には交付決定通知書、非該当者には不交付決定通知書を発送します。工事は決定通知書の内容を確認してから着手してください。

決定後、工事内容の変更又は工事を中止する場合は、変更に係る工事に着手する前に、変更・中止承認申請書の提出が必要となります。

事前に変更の申請がない場合の工事については、増額分の経費は対象外となりますので、ご注意ください。

工事完了後の流れ

次の実績報告書類を工事完了後1か月以内に産業振興課へ提出してください。(業者代行可)

  報告に必要な書類

 1.完了報告書
 2.領収書の写し
 3.完了後のカラー写真(A4用紙にのり付け等をして提出してください)
 4.建築確認申請検査済証(建築確認申請が必要な工事の場合)
 5.その他町長が必要と認めるもの

商品券交付の流れ

関係書類の審査を行い、助成額を決定し、申請者に連絡します。来庁する方の本人確認書類を持参のうえ、産業振興課へ商品券を受け取りにきてください。(原則、申請者本人または同居の方が受領、業者代行受領不可)

社会資本整備総合交付金の活用について

社会資本整備総合交付金は、地方公共団体が行う社会資本整備(下水道や道路、都市公園などの整備)に対して、国が整備事業ごとに交付していた個別補助金を廃止し、一つの交付金で一括して交付することにより、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を活かせる総合的な交付金として、平成22年度に創設されました。

当事業についても、社会資本整備総合交付金を活用しています。

お問い合わせ CONTACT

産業振興課商工労政担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:763、764)
ファクス:0467-74-2833
メールフォームによるお問い合わせ