「寒川神社を核とした新たな観光拠点の創出」について

更新日:

 

 寒川町は豊かな地域資源を有していますが、現時点の観光入込は、知名度の高い寒川神社への参拝客に多くを依っている状況です。観光客のほとんどが、ほぼ寒川神社への参拝行為のみで町を離れていると考えられており、地域の魅力の多くに有効活用の余地があるものと認識しています。そのため、参拝客を町内を回遊する観光客とするための仕組みづくりが重要な課題となっています。
こうした状況の中で、寒川町商工会、寒川町観光協会から、新たな観光拠点づくりについての構想、提言がなされるなど、さがみ縦貫道路の全線開通をきっかけに、寒川神社を核とした新たな観光拠点に対する民間による創出機運が高まっていることなどから、寒川町観光事業検討協議会(寒川町、商工会、観光協会、JA、寒川神社で構成)を組織し、官民一体となって議論を深めてきました。
このような経緯を受け、町では寒川神社周辺地域において観光拠点を整備した場合に地域が得られる効果を明確化し、整備事業の可能性、投資の妥当性を検証することを目的に経済波及効果等の調査を実施しましたので、その調査報告書の内容を公開します。

 

調査報告書(PDF)(PDF:7.5MB)

お問い合わせ先
産業振興課観光担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:763、764)
ファクス:0467-74-2833
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。