Close UP!(クローズアップ)さむかわ

更新日:2018年06月28日

重要な施策や制度、旬のイベントなどを紹介します。

町役場 電話74-1111

 

町防災気象情報サイトを開設します

 気象災害による被害を未然に防止、軽減することを目的に、町の天気予報や雨量情報、気象注意報・警報などの情報が確認できるサイトを開設します。
 町ホームページや下記のURLからサイトにアクセスしてください。

  • 町防災気象情報サイト
  • 簡易版サイト 

 

問い合わせ先
町民安全課 内線284災害対策担当 ファクス74-9141

 

 

 

 

夏の交通事故防止運動

 悲惨な交通事故を減らすため、一人ひとりが交通安全について考えるとともに、交通ルールを守り、正しい交通マナーの実践を心掛けましょう。

期間 7月11日(水曜日)から20日(金曜日)

スローガン
・安全は 心と時間の ゆとりから
・交通ルールを守って夏を楽しく安全に

 

問い合わせ先
町民安全課 内線282防犯・交通安全担当 ファクス74-9141

 

 

 

 

ペットボトルの買い取り価格 県内で1番!

 寒川広域リサイクルセンターのペットボトル買い取り価格が今年度上半期1トン当たり4万3,000円(税抜)と県内で1番高い評価です。

 これは全国平均の3万1,044円(税抜)と比べても1万円以上、上回っています。平成29年度分のペットボトルの買い取り総額は約478万円(税込)となりました。なお、県内で1番の評価は、3年半継続中です。
 この結果は皆さんの日々の協力なしには成しえなかったものです。また、地域の衛生指導員、自治会関係者の地道で丁寧な指導・啓発活動こそが、町民のごみ分別意識や4Rへの理解を向上させ、リサイクル率の向上にも繋がっています。

 

ペットボトル リサイクルの流れ

(1)収集日の資源物置場
(2)収集直後のペットボトルヤード
(3)手選別ライン
(4)圧縮して出荷

 

買い取り価格はどうやって決めるの?
 ペットボトルの落札価格はベールの状態や汚れ、異物混入、キャップやラベルの有無等によって決まります。

 

寒川広域リサイクルセンター
 リサイクルセンターでは、収集した資源物を出荷するにあたって、人の目と手による確認作業をしています。これからもより高い品質を目指していきますので、皆さんご協力お願いします。なお、同センターは個人でも団体でも自由に見学ができますので、分別の状況なども見に来てください。

 

問い合わせ先
寒川広域リサイクルセンター 電話74-5547 ファクス74-5568

 

 

 

 

国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度

保険料免除制度

 申請者本人、その配偶者、世帯主の前年所得がいずれも基準以下である場合は、申請することで国民年金保険料が免除されます。
 免除の額は、全額、4分の3、2分の1、4分の1の4種類です。
 免除が認められた場合は、該当期間の年金受給額が減額になるなど、受給要件が変わります。

ご注意 部分免除の場合、残りの額を納めないと未納になります。

 

法定免除制度

 生活保護法による生活扶助や1級または2級の障害年金を受けている人は、届け出により保険料の全額が免除されます。

 

保険料納付猶予制度

 申請者が50歳未満で、申請者とその配偶者の前年所得が基準以下である場合は、納付が猶予されます。

申請方法 いずれも、次の必要書類等を持って保険年金課で手続きをしてください。

必要書類等

  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 印鑑(本人署名の場合は不要)
  • 雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者離職票等(失業中の人、失業していた期間がある人のみ)
  • 申請できる期間 下表のとおり(2年1カ月前までさかのぼって申請できます)


注意事項

  • 申請前に保険料を納付した月は対象外です
  • 厚生年金等に加入している人でも、要件に該当する期間は対象となります
  • 天災、失業の場合は、特例として免除対象となることがあります

申請可能期間と審査対象所得

年度分 免除等の申請が可能な期間 審査の対象となる
前年所得
2015年度分 2016年6月
(2018年7月中まで申請できます)
2014年中所得
2016年度分 2016年7月から2017年6月 2015年中所得
2017年度分 2017年7月から2018年6月 2016年中所得
2018年度分 2018年7月から2019年6月
(7月から受付を開始します。)
2017年中所得


問い合わせ先
保険年金課 内線124年金担当 ファクス74-5613

 

 

 

 

後期高齢者医療保険料について

 2018年度の保険料を決定しました。保険料額は7月中旬に通知します。

計算方法

 次のとおり、所得割額と均等割額で計算し、合算します。

2つの計算項目

所得割額
加入者の前年中の所得を基に計算(2017年中の総所得金額等-基礎控除額33万円)×(かける)所得割率8.25パーセント

均等割額
4万1,600円(一律)
ご注意 年間の保険料の上限額は62万円です。

 

納付方法

  • 年金天引きの場合(特別徴収)

 年金天引きで納めている人には、すでに仮の保険料(4月、6月、8月分の保険料)をお知らせしています。今回決定した年間の保険料から仮の保険料を差し引いた残額が10月、12月、2月の年金より天引きされます。
 年度途中で加入した人や、町に転入した人で納付書と年金天引きの併用になる人には、10月以降の年金天引き(特別徴収)額のお知らせと同時に、7から9月分の納付書を送付します。

  • 納付書・口座振替で納める場合(普通徴収)

 年間の保険料額を7月から2019年3月の9回で納めていただきます。

 

保険料の減額

 一定の条件を満たした人の保険料を減額する制度があります。

減額条件の内容と区分

  • 前年中の所得金額が次にあてはまる場合
    (1) 世帯内の被保険者全員と世帯主の所得金額の合計が33万円以下
    減額内容 均等割額を8.5割軽減
    区分 法定

  (2) (1)の被保険者のうち、被保険者全員が年金収入80万円以下で、その他の所得がない人
 減額内容 均等割額を9割軽減
 区分 法定

 (3) 世帯内の被保険者全員と世帯主の所得金額の合計が33万円+(27.5万円×(かける)被保険者数)以下
 減額内容 均等割額を5割軽減
 区分 法定

 (4) 世帯内の被保険者全員と世帯主の所得金額の合計が33万円+(50万円×(かける)被保険者数)以下
 減額内容 均等割額を2割軽減
 区分 法定

  • 社会保険などの扶養になっていた人
    減額内容 均等割額を2年間5割軽減
    区分 法定
     
  • 災害などにより、生活が著しく困難になった人、またはこれに準ずる人の保険料を減免する制度
    減額内容 
    詳しくは保険年金課へお問い合わせください
    区分 申請


ご注意 減免の区分が法定となっている減額は、決定通知を送付した時点ですでに減額してありますので、手続きの必要はありません。

 

自己負担割合の判定

 医療機関で受診するときの自己負担割合(1割または3割)は、毎年8月に前年所得で判定します。

 

問い合わせ先
保険年金課 内線121国保・高齢者医療担当 ファクス74-5613

 

 

 

 

保険年金課からのお知らせ

国民健康保険 高齢受給者証の更新

 70歳から74歳までの国民健康保険加入者に交付している、国民健康保険高齢受給者証の有効期限が7月31日に満了となる人に、7月中旬に新しい高齢受給者証を郵送します。
 8月1日以降に医療機関で受診する場合は、この受給者証を使用してください。
 なお、前々年と前年とで所得等に差がある世帯は、8月の更新時から医療機関での窓口負担割合が変更となる場合があります。

 

後期高齢者医療制度加入者へ 8月1日から保険証が新しくなります

 現在使用している保険証(桃色)の有効期限は7月31日です。7月末までに後期高齢者医療制度の被保険者に、8月1日から使用する新しい保険証(だいだい色)を書留で郵送します。
 8月1日を過ぎても保険証が届かない場合は、お問い合わせください。

 

問い合わせ先
保険年金課 内線121、127国保・高齢者医療担当 ファクス74-5613

 

 

 

 

町消防操法大会結果

 6月3日、さむかわ中央公園で消防団の消火技術を競いあう第50回町消防操法大会を開催しました。
 小型ポンプ操法の部に12チーム、ポンプ車操法の部に6チームが出場し、技術とタイムを競いました。

 

小型ポンプ操法の部

団体賞

  • 最優秀賞 第4分団Aチーム
  • 優秀賞  第4分団Bチーム
  • 優良賞 第6分団Bチーム
  • 優良賞 第6分団Aチーム
  • 優良賞 第5分団Aチーム
  • 優良賞  第9分団Aチーム

 

個人賞(分団名) 敬称略

  • 指揮者 山口幸宏(第6分団Aチーム)
  • 1番員 上原貴哉(第4分団Aチーム)
  • 2番員 中山文男(第9分団Bチーム)
  • 3番員 矢尻尚之(第10分団Bチーム)

 

ポンプ車操法の部

団体賞

  • 最優秀賞 第2分団Aチーム
  • 優秀賞 第8分団Aチーム
  • 優良賞 第7分団Aチーム

 

個人賞(分団名) 敬称略

  • 指揮者 大嵩久敬(第2分団Aチーム)
  • 1番員 加藤千里(第7分団Aチーム)
  • 2番員 菅原辰成(第2分団Aチーム)
  • 3番員 深見裕樹(第8分団Aチーム)
  • 4番員 木村直樹(第2分団Aチーム)

 

 

消防団一覧
第1分団(田端)
第2分団(一之宮)
第3分団(大曲)
第4分団(岡田)
第5分団(小谷)
第6分団(小動)
第7分団(宮山)
第8分団(倉見)
第9分団(大蔵)
第10分団(中瀬)

 

 

 

 

町文化祭の募集

キャッチコピー募集

 10月から11月にかけて開催される町文化祭のポスターやチラシで使用するキャッチコピーを募集します。入選者には、表彰状と記念品を贈呈します。

対象 町内在住か在勤または在学の人(1人3点まで)

申し込み 7月13日(金曜日)までに町役場、各公共施設、町ホームページで配布している応募用紙かはがきに、作品、住所、氏名(ふりがな)、年齢(学生は学校名と学年)、電話番号を記入し、協働文化推進課へ郵送か直接、ファクスまたはEメール(町ホームページから)で(締め切り日必着)

 

ヤング・ダンス・フェスタ出演団体募集

 町文化祭式典終了後に開催する、青少年を中心とした団体によるダンス発表会「ヤング・ダンス・フェスタ」の出演団体を募集します。

日時 10月13日(土曜日) 午後1時20分から5時(午後0時50分受け付け開始)

場所 町民センターホール

対象 青少年を中心に構成され舞台発表ができる、フラダンス3団体、ヒップホップ3団体、そのほかパフォーマンス2団体(各抽選)

申し込み 7月27日(金曜日)までに町役場、各公共施設、町ホームページで配布している応募用紙に必要事項を記入し、協働文化推進課へ郵送か直接、ファクスまたはEメール(町ホームページから)で(締め切り日必着)

 

問い合わせ先
協働文化推進課 内線274文化担当 ファクス74-9141

 

 

 

 

審議会等の委員を募集します

応募資格

 任期開始日時点で、次のすべての要件を満たしていること

  • 町に1年以上在住か在勤または在学の満20歳以上であること
  • 町のほかの審議会等の委員でないこと
  • 町の行政機関の職員または町議会議員でないこと
  • 同一の審議会等の公募委員を2期続けて務めている場合は、その職を退いてから2年以上経過していること

ご注意 介護保険運営協議会委員は上記資格に加え、次のいずれかに該当していること
・介護保険の第1号被保険者(65歳以上)
・介護保険の第2号被保険者(40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人)
・要介護(支援)認定を受け、介護サービスを利用している人またはその家族

 

申し込み

 7月31日(火曜日)までに各担当課、各公民館、町ホームページなどにある所定の申込書と、任意の様式で200字から400字にまとめた「私の考え」を各担当課へ郵送か直接、ファクスまたはEメール(町ホームページから)で

 

選考方法 

 選考委員会で申込書および「私の考え」により選考を行い、結果は文書で通知します。

 

委員を募集する審議会等の詳細 

ご注意 報酬額が日額5,000円の委員については、1日の勤務時間が4時間以上であった場合、報酬額が8,700円となります。

町情報公開制度運営審議会(兼)寒川町個人情報保護制度運営審議会

概要 情報公開制度と個人情報保護制度の運営に関する重要事項について、町からの諮問に応じて調査審議し、答申します。また、両制度をより良くするために町に対して意見を述べることができます。

任期 9月1日から2021年3月31日

人数 1人 

年間開催回数 最低1回(諮問によって開催) 

報酬・謝礼等 日額5,000円

「私の考え」テーマ 情報の公開や個人情報の保護について思うこと

問い合わせ先 総務課 内線242行政総務担当 ファクス74-9141

 

 

まちづくり推進会議

概要 協働のまちづくりについて調査、協議

任期 9月1日から2020年6月30日

人数 2人

年間開催回数 3回から5回程度

報酬・謝礼等 日額5,000円

「私の考え」テーマ あなたにとって開かれた町政とは

問い合わせ先 協働文化推進課 内線271協働担当 ファクス74-9141

 

 

さむかわ男女共同参画プラン推進協議会

概要 町の男女共同参画社会実現に必要な施策等を調査、検討

任期 9月1日から2019年3月31日

人数 1人

年間開催回数 3回から5回程度

報酬・謝礼等 記念品

「私の考え」テーマ 男も女も対等で、いきいきと暮らせる社会をつくるには何が必要ですか

問い合わせ先 協働文化推進課 内線274文化担当 ファクス74-9141

 

 

地域自立支援協議会

概要 相談支援体制の強化や障害者福祉行政政策、障がい者福祉計画に関する協議、調査研究等

任期 9月1日から2020年6月30日

人数 2人

年間開催回数 5回程度

報酬・謝礼等 記念品

「私の考え」テーマ 障がい者が安心して暮らせるまちづくりについて

問い合わせ先 福祉課 内線144障がい福祉担当 ファクス74-5613

 

 

生活支援・介護予防サービス基盤整備推進会議

概要 日常生活で支援が必要な高齢者へのサービス基盤整備を推進するための協議

任期 9月1日から2019年3月31日

人数 1人

年間開催回数 3回から4回程度

報酬・謝礼等 記念品

「私の考え」テーマ 高齢者を支える地域のつながり

問い合わせ先 高齢介護課 内線135介護保険担当 ファクス74-5613

 

 

介護保険運営協議会

概要 介護保険事業計画や地域包括支援センター、地域密着型サービスについて調査、協議

任期 9月1日から2021年3月31日

人数 2人

年間開催回数 4回程度

報酬・謝礼等 日額5,000円

「私の考え」テーマ 私が考える介護予防

問い合わせ先 高齢介護課 内線134介護保険担当 ファクス74-5613

 

 

さむかわ元気プラン推進委員会

概要 さむかわ元気プランの推進に関する事項について調査、審議

任期 9月1日から2020年7月30日

人数 1人

年間開催回数 2回程度

報酬・謝礼等 記念品

「私の考え」テーマ 私にとっての健康

問い合わせ先 健康・スポーツ課 内線261健康づくり担当 ファクス74-9141

 

 

スポーツ推進審議会

概要 スポーツ施設・設備の整備、スポーツ指導者・団体の養成、スポーツ事業の実施などについて調査、審議

任期 9月1日から2020年3月31日

人数 1人

年間開催回数 4回程度

報酬・謝礼等 日額5,000円

「私の考え」テーマ 寒川町におけるスポーツを取り巻く課題とその解決策に向けて

問い合わせ先 健康・スポーツ課 内線266スポーツ推進担当 ファクス74-9141

 

 

環境審議会

概要 町環境基本計画の推進や見直し、そのほか環境の保全および創造に関する基本的事項および重要事項の調査、審議

任期 9月1日から2019年6月30日

人数 1人

年間開催回数 3回程度

報酬・謝礼等 日額5,000円

「私の考え」テーマ 環境問題に関する私の考えについて

問い合わせ先 環境課 内線432環境保全担当 ファクス74-1385

 

 

棄物減量化等推進協議会

概要 廃棄物問題について協議し、町民相互の協力と減量化、資源化などを推進

任期 9月1日から2020年3月31日

人数 3人

年間開催回数 5回程度

報酬・謝礼等 記念品

「私の考え」テーマ 町のごみ減量と資源化について

問い合わせ先 環境課 内線431資源廃棄物担当 ファクス74-138

 

 

寒川広域リサイクルセンター運営委員会

概要 寒川広域リサイクルセンターの運営等に関する提言、協議

任期 9月1日から2020年3月31日

人数 1人

年間開催回数 2回程度

報酬・謝礼等 記念品

「私の考え」テーマ 分別収集とリサイクルについて

問い合わせ先 寒川広域リサイクルセンター 電話74-5547  ファクス74-5568

 

 

 

 

湘南の魅力発見プロジェクト

『絵っ!?市役所の壁に!?!?!?』ワークショップ参加者募集

 藤沢市・茅ケ崎市・寒川町の2市1町では、2016年度から5年間にわたって湘南の新たな魅力を発見、発信していく「湘南の魅力発見プロジェクト」を実施しています。
 今年度は2市1町の風景などを題材に浮世絵をモチーフとした大きな絵を描くワークショップを開催します。
 2市1町の文化資源等や浮世絵について学び、湘南の魅力を表現した作品(ペイント)と、2018年1月に新しくなった藤沢市役所本庁舎の壁にマスキングテープを使った大きな作品を制作します。制作した作品は、ワークショップの様子を収めた映像作品と共に展示・上映会で発表します。

日時 8月26日、9月23日、10月28日いずれも日曜日(全3回)

場所 藤沢市役所、藤沢市アートスペース

対象・定員 次のすべての条件を満たす人 15人(抽選、保護者同伴可)
・藤沢市・茅ケ崎市・寒川町のいずれかに在住か在学の小学4年生から中学生
・全日程参加できる
・映像作品への出演を承諾できる

講師 Hogalee(ホガリー)さん 藤沢市出身のアーティスト。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻修了

申し込み 7月2日(月曜日)から町公共施設および町ホームページにある所定の申込書に必要事項を記入し、協働文化推進課へ郵送か直接、ファクスまたはEメール(町ホームページから)で(7月27日(金曜日)締め切り日必着)

 

問い合わせ先
協働文化推進課 内線273文化担当 ファクス74-9141

 

 

 

 

町職員を募集します

募集職種

事務職

生年月日 1988年4月2日から2001年4月1日までに生まれた人

募集予定者数 若干名

 

事務職(身体障がい者対象)

生年月日 1988年4月2日から2001年4月1日までに生まれた人

募集予定者数 若干名

 

技術職(土木)

生年月日 1983年4月2日から2001年4月1日までに生まれた人

募集予定者数 若干名

 

技術職(建築)

生年月日 1983年4月2日から1993年4月1日までに生まれた人

募集予定者数 若干名

 

保健師

生年月日 1983年4月2日以降に生まれた人

募集予定者数 若干名

 

消防 

生年月日 1993年4月2日から2001年4月1日までに生まれた人

募集予定者数 1人

 

採用予定日

2019年4月1日

 

受験案内

申込用紙配布期間

日時 7月23日(月曜日)から27日(金曜日) 午前8時30分から正午、午後1時から5時

場所 町役場2階総務課窓口

ご注意 町ホームページからも入手できます。

申込受付期間

 必要な書類を本人が同課へ直接

日時 7月23日(月曜日)から28日(土曜日) 午前8時30分から正午、午後1時から5時。ただし、28日(土曜日)は午前8時30分から正午のみ

場所 町役場2階総務課窓口(28日(土曜日)のみ東分庁舎2階会議室で受付を行います。)

ご注意 詳しくは町ホームページをご覧ください。

 

試験日

第1次試験 9月15日(土曜日)


問い合わせ先
総務課 内線243職員力推進担当 ファクス74-9141

 

 

 

 

母子・父子家庭等の児童や障がいのある児童の生活を支援します

児童扶養手当

 次のいずれかに該当する児童を育てている父または母あるいは養育者に手当を支給します。

  • 父母が婚姻を解消した児童
  • 父または母が死亡した児童
  • 父または母が政令に定める程度の障がいの状態にある児童
  • 父または母の生死が明らかでない児童
  • 父または母から1年以上遺棄されている児童
  • 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  • 父または母が1年以上拘禁されている児童
  • 父または母が婚姻しないで生まれた児童
  • 父母がともに不明である児童

 

支給額

  • 全部支給(児童1人のとき) 月額4万2,500円
  • 一部支給(児童1人のとき) 月額1万30円から4万2,490円

ご注意 児童2人のときは5,020円から1万40円加算、児童3人以上のときは3人目から児童1人増すごとに最大6,020円加算

 

助成期間

 児童が満18歳になった日以後の最初の3月31日まで(児童が一定の障がいの場合は20歳未満まで)

 

所得制限(全部支給については、変更となる場合があります)

児童扶養手当の2017年分所得制限

扶養親族等の数
請求者
(母または父
あるいは養育者)
全部支給
請求者
(母または父
あるいは養育者)
一部支給
配偶者・
扶養義務者・
養育者
0人 19万円未満 192万円未満 236万円未満
1人 57万円未満 230万円未満 274万円未満
2人 95万円未満 268万円未満 312万円未満
3人 133万円未満 306万円未満 350万円未満
4人 171万円未満 344万円未満 388万円未満

所得額=年間収入額-必要経費(給与所得控除額等)+養育費-8万円(社会・生命保険料相当額)-医療費控除等
ご注意 養育費は児童の父または母から、その児童について扶養義務を履行するための費用として父母または児童が受け取る金品等で、その金額の80パーセント 

 


対象とならない主な事例

  • 父(母)または児童が公的年金等を受給している
    ご注意 児童扶養手当の額を下回るときは、手当の一部が支給されます。
  • 児童が児童福祉施設に入所または里親に預けられている
  • 父または母が異性と同居(事実婚)している(通っている状態も含む)

 

 

特別児童扶養手当

 精神または身体に中程度以上の障がいのある20歳未満の児童を育てている父または母あるいは養育者に手当を支給します。

支給額

  • 重度障害児 1人につき月額5万1,700円
  • 中度障害児 1人につき月額3万4,430円

 

所得制限

特別児童扶養手当の2017年分所得制限

扶養親族
等の数

請求者 配偶者・扶養義務者
0人 459万6,000円未満 628万7,000円未満
1人 497万6,000円未満 653万6,000円未満
2人 535万6,000円未満 674万9,000円未満
3人 573万6,000円未満 696万2,000円未満
4人 611万6,000円未満 717万5,000円未満

所得額=年間収入額-必要経費(給与所得控除額等)-8万円(社会・生命保険料相当額)-医療費控除等

 

対象とならない主な事例

  • 児童が児童福祉施設等に入所している
  • 児童が障がいを理由として公的年金を受給している

 

いずれの制度も世帯状況によって対象とならない場合があります。申請を希望する人は、子育て支援課へ相談ください。

 

問い合わせ先
子育て支援課 内線161子ども家庭担当 ファクス74-5613

 

 

 

 

新しい聖天橋を供用開始しました

 小出川河川改修に伴う聖天橋の架け替え工事を2015年度から実施してきましたが、このたび6月に新しい聖天橋の供用を開始しました。
 今後は仮橋撤去などを実施し、2018年度内の完了を予定しています。引き続きご不便、ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

 

問い合わせ先
道路課 内線314整備担当 ファクス75-9906

 

 

 

 

町立小学校のプールを開放します

ご注意 南小学校のプール開放については、整備不良のため、利用できません。予めご了承ください。

開放日 

7月21日(土曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

7月22日(日曜日)

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

7月23日(月曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

7月24日(火曜日) 

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

7月25日(水曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

7月26日(木曜日)

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

7月27日(金曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

7月28日(土曜日)

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

7月29日(日曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

7月30日(月曜日)  

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

7月31日(火曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

8月 1日(水曜日)  

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

8月 2日(木曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

8月 3日(金曜日)   

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

8月 4日(土曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

8月 5日(日曜日)   

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

8月 6日(月曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

8月 7日(火曜日)

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

8月 8日(水曜日)

  • 学校開放 寒川小学校、小谷小学校

8月 9日(木曜日) 

  • 一般開放 一之宮小学校
  • 学校開放 旭小学校

 

開放時間

 午前10時から午後1時

 

対象

  • 一般開放 町に住民登録がある人(オムツが必要な乳幼児は不可、未就学児1人につき保護者1人同伴)
  • 学校開放 開放する学校に在学している児童

 

注意事項

  • 貴重品は各自で管理してください。
  • 大型の浮き輪、食べ物は持ち込めません。
  • 車での来場はご遠慮ください。
  • 小学校への問い合わせはご遠慮ください。

 

問い合わせ先
健康・スポーツ課 内線266スポーツ推進担当 ファクス74-9141

 

 

 

町立学校リフレッシュ・ウィークについて

 町教育委員会では、夏季休業中に町立学校での活動や業務を行わない期間を「リフレッシュ・ウィーク」として計画的に設定し、児童・生徒および教職員の休養日として健康増進と家庭生活の充実を図ります。また、学校を閉鎖することにより、夏の省エネルギー対策を推進します。
 期間中(土・日曜日は除く)、緊急に学校と連絡を取る必要がある場合は、学校教育課に連絡してください。

リフレッシュ・ウィーク期間  8月11日(土曜日)から15日(水曜日)

 

問い合わせ先
学校教育課 内線520学事指導担当 ファクス75-9907

 

 

 

 

小規模保育事業所が開所しました

施設名 小規模認可施設 そうわ保育園

設置者 学校法人相原学園理事長 相原浩司

施設住所 寒川町一之宮4-5 -10

保育対象年齢 0歳から2歳児

開所日  月曜日から土曜日

開所時間(原則) 
・月曜日から金曜日 午前7時30分から午後7時
・土曜日 午前7時30分から午後4時

保育料 町の定める負担額表による(認可保育所と同じ)

定員 19人

ご注意 入所申し込みは保育・青少年課窓口で受け付けます。その他、詳しくは同施設にお問い合わせください。

 

問い合わせ先
保育・青少年課 内線152保育担当 ファクス74-5613
小規模認可施設 そうわ保育園 電話75-0066

 

 

 

 

お問い合わせ CONTACT

広報戦略課広報プロモーション担当
住所:253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:232、233)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ