Close UP!(クローズアップ) さむかわ

更新日:

重要な施策や制度、旬のイベントなどを紹介します。

町役場 電話74-1111

 

寒川びっちょり祭 ネーミングライツスポンサーを募集します

日時

7月28日(土曜日)午前10時から午後4時

 

場所

さむかわ中央公園

 

対象

次のすべての要件を満たしていること

  • 町内で事業を営んでいる法人で、事業への参画にふさわしい資力および信用を備えた民間企業、民間企業の連合その他の団体であること(個人、政治団体、宗教団体、公職にあるものが役員を務める団体は不可)
  • 反社会的な団体、または反社会的な団体のイベントへの出店を促すなど公序良俗に反する団体でないこと
  • イベントの趣旨に賛同し、町の地域活性化に寄与しようという気概のある団体であること

 

契約期間

4月上旬から9月下旬

 

契約金額

20万円(消費税、地方消費税含む)

 

申し込み

3月1日(木曜日)から町観光協会(寒川びっちょり祭実行委員会事務局)にある所定の申込書(町観光協会ホームページにも掲載)と必要書類を郵便番号253-0105 寒川町岡田1-15-1町観光協会寒川びっちょり祭実行委員会事務局へ郵送か直接(3月30日(金曜日)締め切り日必着)


問い合わせ先
町観光協会(寒川びっちょり祭実行委員会事務局) 電話75-9051 ファクス98-0209

 

 

 

教育委員会表彰式を開催しました

 2月1日、町民センターで第46回教育委員会表彰式を開催し、町の教育や文化、スポーツの振興に貢献した人や団体の功績をたたえ、個人8人と1団体を表彰しました。

学校教育関係(順不同)

  • 豊島光男さん(旭小学校 学校医)
    町立学校の学校医として、多年にわたり学校保健の振興に寄与
     
  • 鈴木祐子さん(寒川小学校 栄養士)
    町立学校の栄養士として、多年にわたり学校給食の充実に寄与
     
  • 砂原麻美さん(旭小学校 教員)
    町立学校の教員として、多年にわたり学校教育の充実に寄与

 

文化体育関係(順不同)

  • 太田努さん
    第72回東日本ソフトテニス選手権大会成年男子で第3位の成績を収め、スポーツの振興に寄与
     
  • 田中陽笑さん
    第31回神奈川県トランポリン大会小学生1・2年クラス女子で第1位の成績を収め、スポーツの振興に寄与
     
  • 曽我流生さん
    第10回U-15ボクシング全国大会小学生の部30・0キログラム級で優勝し、スポーツの振興に寄与
     
  • 谷口小雪さん
    第32回神奈川県道場少年剣道大会兼第35回全国道場少年剣道選手権大会予選会小学生女子個人の部で優勝し、スポーツの振興に寄与
     
  • 井上浬昇さん
    第7回日整全国少年柔道形競技会神奈川県予選会で優勝し、スポーツの振興に寄与
     
  • 三丸大サーカスfromB
    第5回全日本小中学生ダンスコンクール全国大会中学生部門オープン参加の部で金賞を受賞し、スポーツの振興に寄与


問い合わせ先
教育総務課 内線513 総務担当 ファクス75-9907

 

 

 

寒川駅北口地区の住所の表示が変わります

 寒川駅北口地区は3月10日に町名変更を行います。岡田一丁目は区画整理事業で町名変更、地番整理が行われ、岡田二丁目は住居表示を実施します
ご注意 実施区域には住所変更に伴う各種手続きのしおり等を配布しています。

住所変更例

旧住所

岡田(小谷・大蔵・宮山)○○○番地○○

新住所

岡田一丁目○番地○(区画整理事業による)
岡田二丁目○番○号(住居表示による)

 

寒川駅北口地区の地図です

 

問い合わせ先
〈岡田一丁目〉寒川駅周辺整備事務所 内線722 寒川駅周辺整備担当 ファクス74-2833
〈岡田二丁目〉都市計画課 内線324 都市計画・開発指導担当 ファクス75-9906

 

 

 

 

もうすぐ1年生

 小学校の入学式まであと1カ月となりました。入学は、これから続く学校生活の大きな一歩です。安心して学校生活をスタートさせ、楽しく過ごせるように家族みんなで準備していきましょう。

就学通知書をご確認ください

 入学式の当日、就学通知書を忘れないようにしてください。
 就学通知書は、昨年11月に小学校に入学する児童の保護者には郵送で、中学校に入学する生徒の保護者には小学校を通じて渡しています。
 就学通知書が届いていなかったり、就学通知書に記載された学校以外への入学が決まっていたりする場合は、学校教育課へ連絡してください。

 

温かく見守ってください

 子どもたちが交通事故や犯罪に巻き込まれないように、地域で温かく見守ってください。また、車や自転車を運転する際は、スピードを抑え、登下校する子どもたちに注意してください。

 

問い合わせ先
学校教育課 内線524 学事担当 ファクス75-9907

 

 

観桜駅伝競走大会に伴う交通規制のお知らせ

日時

4月8日(日曜日)午前8時15分から正午ごろ

 

場所

健康センター前交差点

 

第68回観桜駅伝交通規制図

 

問い合わせ先
健康・スポーツ課 内線266 スポーツ推進担当 ファクス74-9141

 

 

 

 

全国一斉緊急情報伝達試験

  町では、大地震、豪雨、武力攻撃などの災害が発生した、または発生する可能性がある場合に全国瞬時警報システム(Jアラート)で国から送られてくる緊急情報を、防災行政用無線を使用してお知らせします。
 緊急情報を確実に伝えるために、全国一斉に伝達試験を行います。この試験は、町内51カ所に設置されている防災行政用無線から一斉に放送します。ご理解、ご協力をお願いします。

日時

3月14日(水曜日)午前11時ごろ

 

放送内容

「これはJアラートのテストです」(3回)
「こちらは防災さむかわです」

 

問い合わせ先
町民安全課 内線284 災害対策担当 ファックス74-9141

 

 

 

税金に関するお知らせ

固定資産税の縦覧・閲覧

帳簿の縦覧

 自己の土地や家屋の価格について、他のものと価格を比較して適正かどうか確認できます。
ご注意 土地(家屋)のみの所有は、土地(家屋)縦覧帳簿に限ります。

日時 4月2日(月曜日)から5月31日(木曜日)午前8時30分から午後5時15分(土・日曜日、祝日を除く)

縦覧できる帳簿

  • 土地価格等縦覧帳簿(課税されている土地の価格等)
  • 家屋価格等縦覧帳簿(課税されている家屋の価格等)

固定資産課税台帳の閲覧・名寄帳(なよせちょう)の発行

 自己の資産を確認できます。

日時 平成30年度分は4月2日(月曜日)から、 午前8時30分から午後5時15分(土・日曜日、祝日を除く)

費用 300円

ご注意 平成30年度分については4月2日(月曜日)から5月31日(木曜日)は無料(借地人、借家人を除く)

場所 東分庁舎

縦覧・閲覧できる人

  • 納税義務者および同居の親族、納税管理人、代理人
  • 借地人、借家人(固定資産課税台帳の閲覧のみ。賃借料を支払っている場合に限る)

必要なもの 運転免許証や個人番号カードなどの本人確認書類

ご注意 代理人の場合は委任状が必要です。

 

問い合わせ先
税務課 内線426 資産税担当 ファクス74-1385

 

軽自動車税

賦課期日は4月1日

 4月1日時点で、原動機付自転車、小型特殊自動車、125ccを超える二輪車、軽自動車を所有している人に課税されます。
 乗らなくなったり、譲渡したりしたときは、廃車・名義変更の手続きをしてください。4月2日以降に手続きをしても、平成30年度分は課税となります。
 ナンバープレートの紛失や盗難に遭った場合は、警察に届け出てから早めに手続きをしてください。

手続き方法

 125cc以下の原動機付自転車、小型特殊自動車はナンバープレート、印鑑、標識交付証明書を持参して税務課へ直接

ご注意
・125ccを超える二輪車は湘南自動車検査登録事務所(電話050-5540-2038)へ、軽自動車(三輪・四輪)は軽自動車検査協会神奈川事務所湘南支所(電話050-3816-3119)へお問い合わせください。
・特定の環境性能を満たした一部の車両は、現行のグリーン化特例(軽課)の適用期限を2年間延長します。詳しくは町ホームページをご覧いただくか、税務課へお問い合わせください。


問い合わせ先
税務課 内線422 町民税担当 ファクス74-1385

 

所得税と住民税は課税時期が異なります

 所得税は1月から12月までの1年間の所得に対し課税され、税金を納めます。一方、住民税は年末調整や確定申告などで確定した所得等を基に、翌年度6月に納税通知書を送付し課税します。

所得税と住民税の課税時期と納付時期(給与所得者の場合)

所得税と住民税の課税時期と納付時期の画像です

問い合わせ先
税務課 内線421 町民税担当 ファクス74-1385

 

 

 

平成30年度から国民健康保険の運営が都道府県単位になります

 これまで国民健康保険は市町村が運営してきましたが、今後は神奈川県が加わり、市町村とともに運営していきます。
 被保険者に対する大きな変更点はありません。各種申請や届け出、保険料の決定・納付、各種保険事業の窓口は、今までどおり保険年金課です。

制度改革の概要

 平成27年5月27日に成立した「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」により、平成30年度から都道府県が財政運営の責任主体となり、国民健康保険運営の中心的な役割を担うことになります。これにより、医療保険制度の財政基盤の安定化、負担の公平化、医療費の適正化等を目指します。

 

運営の在り方

  • 県が県内市町村とともに国民健康保険を運営
  • 県が財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業運営の確保等、国民健康保険運営の中心的な役割を担い、制度を安定化
  • 県が県内の統一的な運営方針を示し、県内市町村が担う事務の効率化、標準化、広域化を推進

 

主な変更点

資格管理が都道府県単位になります

 平成30年度からは、県内の他市町村へ異動しても、資格の得喪が生じません。
 ただし、同一県内の異動でも被保険者証の
差し替えが必要となるので、異動先の市町村で新しい被保険者証を受け取ってください。

被保険者証の様式が一部変更になります

 現在の被保険者証は、2019年7月31日まで使えます。2019年8月1日からは、様式変更後の新しい被保険者証をお使いください。

高額医療費の通算方法が変わります

 平成30年度からは、県内の他市町村へ異動しても、世帯の継続性がある場合、過去
12カ月以内の高額療養費の多数回該当が引き継がれるため、4回目以降は自己負担限度額が軽減されます。

 

県と市町村の主な役割

  県の主な役割 市町村の主な役割
財政運営 財政運営の責任主体として、
市町村ごとの納付金を決定
県が決定した納付金を県に納付
資格管理 運営方針に基づき事務の効率化、
標準化、広域化を推進
資格異動の受け付け、被保険者証等の交付
賦課・徴収 標準的な算定方法等により、市町村ごとの
標準保険料率を算定
県が示した標準保険料率を参考に保険料率を決定
保険給付 給付に必要な費用を、市町村に対して
全額支払う
給付の決定および窓口負担減免等の受け付け
保健事業 市町村に対し、必要な助言および
支援を行う
被保険者に応じたきめ細かい保健事業の実施

 

問い合わせ先
保険年金課 内線128 国保・高齢者医療担当 ファクス74-5613

 

 

 

国民健康保険の手続きを忘れずに

 引っ越しや結婚、就職などにより、国民健康保険に関する手続きが必要な場合があります。また、今まで国民健康保険に加入していた人が他の健康保険制度に加入したり、扶養家族として認定されたりした場合は、脱退の手続きが必要です。
下表に該当する人は忘れずに手続きをしてください。

会社都合で離職した人

 会社都合での離職により国民健康保険に加入する人の保険料は、離職から一定期間、前年の給与所得を100分の30として算定します。

対象

次のすべてに該当する人

  • 雇用保険受給資格者証の「離職理由コード」が11、12、21、22、23、31、32、33、34のいずれかであること
  • 離職日時点で年齢が65歳未満であること

軽減期間

離職の翌日から翌年度末まで

申請方法

雇用保険受給資格者証、被保険者証、世帯主の印鑑を持って、保険年金課で手続きをしてください。

健康保険の任意継続について

会社などを退職し、被保険者資格を喪失したとき、一定条件のもと個人の希望により被保険者資格を継続できる制度です。詳しくは、勤務先または加入している健康保険組合にお問い合わせください。

 

国民健康保険の手続き

加入するとき

こんなとき 必要なもの
他の市町村から転入してきたとき 前市町村の転出証明書、個人番号カード
職場の健康保険を脱退したとき 資格喪失証明書・退職証明書・離職票のいずれかの書類、個人番号カード
保険料を口座振替で納めたいとき 通帳、通帳印

脱退するとき

こんなとき 必要なもの
他の市町村に転出するとき 保険証、個人番号カード
職場の健康保険に加入したとき 保険証、職場の保険証、個人番号カード
死亡したとき 保険証、葬儀の領収書または会葬礼状、通帳、印鑑、個人番号カード

その他

こんなとき 必要なもの
保険証の記載が変わったとき 保険証、印鑑、個人番号カード
保険証をなくしたとき 身分証、印鑑、個人番号カード
就学のため、子どもが他の市町村に住むとき 保険証、在学証明書または学生証、印鑑、個人番号カード

 

問い合わせ先
保険年金課 内線128 国保・高齢者医療担当 ファクス74-5613

 

 

 

就学援助制度のご案内

 次のような事情で子どもを町立小・中学校へ就学させることが困難な家庭に対し、学用品費や給食費など、学校でかかる費用の一部を援助しています。

  • 生活保護の停止・廃止
  • 住民税が非課税
  • 児童扶養手当を受給
  • 経済的な理由で就学が困難など

ご注意 詳しくは、通学している学校または学校教育課へお問い合わせください。

 

問い合わせ先
学校教育課 内線524 学事担当 ファクス75-9907

 

 

年度末と年度初めの休日に一部の窓口を開設します

 毎月第1・3土曜日の午前中に町民窓口課の窓口を開設し、住民票、印鑑登録等の事務を取り扱っていますが、引っ越しなどが多くなる年度末と年度初めの休日は住所の異動もでき、他の窓口も開設します。
 平日に都合がつかない人は、ぜひご利用ください。

時間

午前8時30分から正午

 

注意事項

  • ほかの市町村や関係機関に確認が必要な場合など、内容により取り扱いができない事務があります。
  • 手続きに必要な書類など詳しくは、各担当にお問い合わせください。

 

取り扱い業務と担当窓口

3月31日(土曜日)・4月7日(土曜日)

取り扱い業務 担当窓口
  • 住民異動届(転出・転入届等)と住民票の写しの交付
  • ︎戸籍届け出と戸籍関係証明の交付
  • 印鑑登録と印鑑証明書等の交付
  • 各種税証明の交付(法人除く)
  • マイナンバーカードの交付
町民窓口課 内線174 総合窓口担当
ファクス74-5613
  • 転入学の手続き
学校教育課 内線524 学事担当
ファクス75-9907

 

4月1日(日曜日)

取り扱い業務 担当窓口
  • 国民健康保険異動届
  • 後期高齢者医療保険の手続き
保険年金課 内線126 国保・高齢者医療担当
ファクス74-5613
  • 国民年金異動届
保険年金課 内線124 年金担当 ファクス74-5613

 

問い合わせ先
総務課 内線245 職員力推進担当 ファクス74-9141

 

 

 

国民年金の手続きを忘れずに

 日本に住む20歳から60歳未満の人は、国民年金の加入が義務付けられています。
 就職や退職したときや、結婚して姓が変わったり、住所が変わったりしたときなどは、変更の届け出が必要です。手続きには年金手帳のほか必要な書類があります。各届け出先にお問い合わせください。

ご注意 年金を受給している人の住所や氏名が変わったときは、年金事務所へ届け出が必要となりますので、年金事務所へお問い合わせください。
藤沢年金事務所 電話0466-50-1151

種別の説明

第1号被保険者

自営業者、農林漁業従事者、学生、無職の人など

第2号被保険者

厚生年金に加入している会社員や公務員

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者

 

国民年金の手続き

国民年金手続き
こんなとき 届け出先
厚生年金に加入していない人が20歳になったとき 保険年金課
第2号被保険者に扶養されている配偶者が20歳になったとき 配偶者の勤務先
会社を退職したとき 保険年金課
会社に就職したとき 勤務先
配偶者(第2号被保険者)の扶養になったとき 配偶者の勤務先
配偶者(第2号被保険者)の扶養から外れたとき 保険年金課
配偶者(第2号被保険者)の会社が変わったとき 配偶者の新しい勤務先
第1号被保険者で住所や氏名が変わったとき 保険年金課
第2号被保険者で住所や氏名が変わったとき 勤務先
第3号被保険者で住所や氏名が変わったとき 配偶者の勤務先

 

問い合わせ先
保険年金課 内線124 年金担当 ファクス74-5613

 

 

4月からの文化財学習センターの展示について

 展示の見学や解説をご希望の人は、4月から教育総務課へ事前に予約をお願い
します。見学ができる日時は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前9時から午後4時までです。
 また、当センターの文化財等の整理作業日には、予約がなくても館内を見学することができます。

整理作業日

原則、火、水、金曜日(午前9時から午後4時)

 

展示内容

岡田遺跡出土の釣手土器や古墳のレプリカ、大山街道関連の展示、民具農具など

ご注意 より多くの人に文化財を知ってもらうための出張展示も企画しています。詳細が決まり次第ご案内しています。

 

問い合わせ先
教育総務課 内線514 社会教育担当 ファクス75-9907

 

 

 

お問い合わせ先
広報戦略課広報プロモーション担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:232、233)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ