平成30年 新年のごあいさつ

更新日:

未来志向の、やさしいまちへ

寒川町長 木村俊雄

 新年あけましておめでとうございます。
 皆さまが、健やかに新年を迎えられましたことを心よりお慶び申し上げます。
 昨今、時代の流れが速くなってきているように感じます。インターネットの普及で、誰もが手軽に情報を手に入れ、多くの人とつながれるようになりました。このような時代の変化のスピードに行政も対応する必要があると思っております。こうした観点から、町でもソーシャルメディアを活用した情報発信を充実させ、また、昨年からeマーケティングリサーチ制度を開始しました。町民の皆さまと町がともに魅力あるまちづくりを進めていくための新しい試みですが、回答率が高く、手応えを感じております。調査回答にご協力いただいているeモニターの皆さまには、この場を借りて御礼申し上げます。
 さて、全国で少子高齢化と人口減少が重要な問題となっています。何も対策を講じないと社会保障制度が行き詰まり、財政破綻のリスクが高まります。
私もこの状況をしっかりと受け止め、真摯に問題に取り組む決意を新たにしたところです。持続可能なまちを実現するという目標達成のために、第一に移住・定住人口を増やす必要があります。「寒川っていいな、住んでみたい」と思っていただけるファンを増やすため、町のブランドイメージを確立し、発信してまいります。第二に、子育て世代にとって暮らしやす
い町であることが大切です。幼保連携型認定こども園や小規模保育事業の開設に向けた支援、子ども達の学力向上のための教育環境の充実に取り組んでまいります。子育て世代が暮らしやすいということは、あらゆる世代にとってやさしい社会です。限られた行政資源のなかで実現するには、厳しい判断も必要となります。将来世代のために、引き続き、皆さま深いご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 結びに、新春の門出にあたり、この一年間が素晴らしい年になることを祈念いたしまして、新年のごあいさつといたします。

 

 

 

 

共に進めるまちづくり わが町 さむかわ

寒川町議会議長 太田真奈美

 新年あけましておめでとうございます。
 町民の皆様におかれましては、輝かしい新年を健やかにお迎えのこととお喜び申し上げます。また、日ごろから町議会に対する深いご理解と格別のご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、依然として厳しい町の財政状況ですが、直面する人口減少社会を見据え、魅力ある町であり続けるため、様々な戦略を展開していかなくてはなりません。子育て環境の充実をはじめ、町民の皆様が「わが町さむかわ」として、誇れるまちづくりを進めてまいります。
 一方、田端西地区の拠点整備や公共施設の更新など、将来的な大きな課題もございます。議会といたしましても、町政の現状を正確に把握するとともに、二元代表制の一翼を担う議事機関として、無駄のない行政運営への監視とチェック機能を果たしてまいります。また、より一層開れた信頼され議会をめざし、引き続き議会改革にも取り組んでまいります。
 昨年は、これまで本会議だけであったインターネット中継に、各常任委員会での審査の様子も加えるとともに、スマートフォンやタブレット端末での視聴も可能といたしました。また、2月にはJ:COMチャンネル神奈川で議会番組の放映もいたしますので、ぜひご覧ください。
  昨年2月に新たな体制でスタートいたしました町議会は、18人の議員一人ひとりが町の発展に全力を傾けてまいる所存です。どうか皆様の深いご理解とご協力を心からお願い申し上げます。
 終わりに、明るく希望溢れる年となる事を願い、皆様の益々のご健勝・ご多幸を祈念申し上げ、年頭のごあいさつといたします。

 

 

 

 

お問い合わせ先
広報戦略課広報プロモーション担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:232、233)
ファクス:0467-74-9141
メールフォームによるお問い合わせ