まちづくり交付金の事後評価

更新日:

目的

事後評価はまちづくり交付金がもたらした成果等を客観的に診断し、成否の要因を分析して、今後のまちづくりを適切な方向に導くとともに、住民の皆さんに分かりやすく説明することを目的としています。

実施時期

事後評価はまちづくり交付金の交付終了年度に実施します。ただし、事後評価を行う際に計測できない数値指標は、「見込み」の値により評価を行い、翌年度にフォローアップを実施します。

内容

  • 方法書の作成

事後評価の円滑な実施のため、評価の方法を定めています。

  • 事業の成果及び実施過程の検証

数値目標が達成されたか等について検証しています。

  • 今後のまちづくり方策の検討

今後のまちづくり方策、目標を達成するための改善措置を検討しています。

事後評価の手続き

方法書の作成・国への提出の後、評価の実施を経て、平成20年11月6日から20日まで事後評価原案の公表を行うと共に、住民意見の募集を行いました。平成20年12月24日には第三者機関(注意1)による審議を行い、その後、評価結果の国への提出、次期計画の作成・提出を行いました。また、平成21年度にフォローアップの実施を行っています。

注意1:第三者機関とは、「寒川町まちづくり交付金評価委員会」のことであり、都市計画やまちづくり等の分野に知見のある専門家、学識経験のある有識者等数名により構成する組織のこと。
まちづくり交付金制度は、「まちづくり交付金事後評価実施要領」において、交付の最終年度に自治体による事後評価の実施が定められており、実施にあたっては学識経験者等で構成する委員会により、事後評価手続き及び今後のまちづくり方策等にかかわる審議を行います。

まちづくり交付金事業(寒川駅周辺地区)事後評価結果の公表

寒川町では、平成16年度から寒川駅周辺地区において「まちづくり交付金」を活用し、寒川駅北口地区土地区画整理事業、駅前複合施設建設事業及びコミュニティバス運行検討事業に取り組んできました。
事業期間は平成16年度~平成20年度までの5ヵ年で、平成20年度に最終年度を迎えました。
まちづくり交付金事業では、事業実施前の計画段階で目標となる数値指標を設定し(詳細については「都市再生整備計画」参照)、事業最終年度に事後評価を行い、達成状況等の確認を行うことになっています。
このたび事後評価の原案がまとまり、この事後評価原案をもとに、寒川町まちづくり交付金評価委員会及び国土交通省との調整を経て、「まちづくり交付金の事後評価結果」を作成したので、公表します。

また、平成21年度においてフォローアップを行っています。

まちづくり交付金制度により整備した「寒川駅周辺地区」の事後評価結果は、次のPDFファイルをご覧ください。

「まちづくり交付金の事後評価結果」について

寒川駅周辺地区事後評価原案(PDF:272.3KB)

「まちづくり交付金フォローアップ」について

まちづくり交付金フォローアップ報告書(PDF:84.9KB)

お問い合わせ先
都市計画課都市計画・開発指導担当
〒253-0196
神奈川県高座郡寒川町宮山165番地
電話:0467-74-1111(内線:321、322、323、324)
ファクス:0467-75-9906
メールフォームによるお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。